味覚オンチは得?「回転寿司も板前も味は変わらん」「だいたい美味いか普通かに分類される」

拡大画像を見る

僕はめんどくさい男だ。そこら辺のジャンクもしょっちゅう食う割に、ちょっとした旅行の折にはその土地の名物を食べたいという気分になってしまう。いわゆるグルメ気取りという奴だ。

そのくせ、舌はろくすっぽ機能していない。何せ目を閉じて刺身を口に入れると、サーモンとマグロの区別すら付かないのだから。まあ、人間は味覚と同じぐらい視覚に頼って味を感知しているみたいなので、同じような人は結構多いみたいだけど。気になるなら、今度目を閉じて食事をしてみるといい。案外自分が何を食ってるか分かったもんじゃない。(文:松本ミゾレ)

誰かが「不味い」といったものも、食べれば「いける」と感じる

さて、僕みたいに繊細な味を分別することが苦手な人のことを、馬鹿舌なんて呼ぶことがある。何を食っても違いが分からず、それなりに美味いと感じてしまうというのが馬鹿舌だ。

馬鹿舌とは言葉こそ悪いが、実際に当人たちの立場にしてみると、そんなに悪いことばかりではない。たとえば先日、おーぷん2ちゃんねるに「馬鹿舌ワイ、とてもしあわせ」というスレッドが立っていた。スレ主は他の誰かが不味いと言ったものも、食ってみれば「いけるいける」と感じるという。

そしてみんなが普通だと評するものは「美味い!と感じるのだそうだ。典型的な馬鹿舌であるが、彼はそんな自分の舌に満足をしているようだ。何を食ってもそれなりに美味しく味わえるんだから、まあそりゃそうだろう。

変に舌が肥えてしまうと、常に高級な食材を調理したモノしか口に合わなくなる。そうすると毎月の食費はガンガン上がることになって、僕みたいな貧乏人には、それは苦しい展開だ。

「なんでも評論家気取りで難癖つけるより楽しめたほうがええよな」

ところでこちらのスレッドには、他にも馬鹿舌の持ち主たちが色々と馬鹿舌あるあるを書き込んでいる。中にはちょっと面白い主張もあったので、いくつかそういった声を引用して紹介したいと思う。

「回転寿司も板前寿司も正直味変わらん気がするわ」
「マクドナルドやすき家が不味いって意見多いけど、本当に不味いもんはそもそもチェーンとして成り立たんと思うわ」
「真っ赤っかのウインナーが好き」
「というかだいたい美味いか普通かに分類される」
「なんでも評論家気取りで難癖つけるより楽しめたほうがええよな」

このように、馬鹿舌の持ち主たちにしてみれば、いわゆる「こういうのでいいんだよ」の範疇が、普通の舌の持ち主よりかなり広いことが分かる。

僕も真っ赤なウインナー大好きだ。何というか、見た目でハッピーな気分になれる。包丁で切り込みを入れて加熱するとタコさんになるのも馬鹿らしさに拍車を掛けているし。

そういえば以前、食通を自称する奴とちょっと高めの飯屋に行ったことがある。そこで冒頭で書いた、目を閉じて何を食っているか当てるってのを実践させたんだけど、5回やって的中したのは2回だった。グルメを気取る連中なんて、みんな案外見た目で味を強烈に認識しているだけだったりする。本当の意味での馬鹿舌は、実は彼らなんじゃなかろうか。

関連リンク

  • 12/7 7:00
  • キャリコネ

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

6
  • 本人がいいなら何でいいとは思うけど、そういう人とは一緒に食事したくない。本人は幸せかもしれんが、一緒の人は恥ずかしいだろうな。

  • トリトン

    12/7 17:15

    馬の肉ならタレでわからないかもね、ウニの本物を食べずに回転寿司のウニを不味いとかうまいとか討論するほど愚かなこともないけどね。口に合えば良いかもしれませんね、犬の肉はさすがにわからないけどね。

  • いいんじゃないかな、当人達が良ければ。焼肉屋で犬肉出されても美味いと感じるセンス、素晴らしいと思う。私はまず無理だろう。本物をそのまま美味しいと味わえる舌で良かったと私は思う。

記事の無断転載を禁じます