NHK会長が仰天告白 「ボーっと生きてんじゃねーよ!」あいさつで使用中

拡大画像を見る

 NHKの上田良一会長(69)が6日、東京・渋谷の同局で定例会見を行い、NHK総合の人気番組「チコちゃんに叱られる」(金曜後7・57、再放送土曜前8・15)から生まれた「ボーっと生きてんじゃねーよ!」が年間トップ10に選ばれたことについて言及した。

 上田会長は「この『チコちゃんに叱られる』というのは本当に皆さんに喜んでいただいているようで、このセリフの『ボーっと生きてんじゃねーよ!』は私もいろんな場にあいさつに立った時に使わせていただいています」と驚きの告白。「最初にこれを聞いた時はドキッとしたんです」と苦笑しつつ、「私のNHKに対するイメージが固いのかもしれませんが、5歳の子どもがこういう言葉遣いをしていいのかな?と、実は気にしながら、最初から見ているんですけど、みんなにうまく受け入れていただいた。とてもみんなに受け入れていただいているのは大変うれしく思っています。『ボーっと生きてんじゃねーよ!』というこの言葉、そのものが日頃からあいさつで使わせていただくだけでなく、自戒、自制の念をもって受け止めています。大学の同窓会がありまして、その時も『ボーっと生きてんじゃねーよ!』と言われないように生きましょう!と使いました」と話し、笑わせた。

  • 12/6 16:22
  • スポニチアネックス

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

3

記事の無断転載を禁じます