木村拓哉ついにソロデビュー「新しい地図」とガチンコ抗争へ

拡大画像を見る

「木村拓哉(46)は2015年の、SMAP最後のシングル『Otherside/愛が止まるまでは』以降、歌手として音源をリリースしていませんでしたが、ようやく動き出した。SMAPの楽曲制作をしていたビクターの『Sルーム』が再集結し、木村のソロ計画をスタートさせたようなんです」(音楽誌記者)

 木村といえば、11月5日に公開された『そごう・西武』のPR動画で歌声を披露したばかり。木村はギターをつまびきながら、ポール・マッカートニーの『ワンダフル・クリスマスタイム』をカバー。木村による久々の歌ということもあり、公開してすぐネット上では多くの好意的な反応が上がった。

「木村は、槇原敬之(49)や秦基博(38)といったアーティストに楽曲の制作を依頼するつもりだと聞こえてきています。来年の早い時期にレコーディングをスタートさせるそうで、早ければ来春の発売でソロ歌手として本格始動するとか。『そごう・西武』の木村は以前と変わらぬ美声でしたし、新譜も期待できそうです」(前出の音楽誌記者)

■デビュー時期は「新しい地図」の春ツアーを狙ったか?

 しかし、こうしたキムタクサイドの積極的な動きについて、ジャニーズに詳しい芸能記者は「意外だ」と驚きの色を隠さない。

「木村のソロ活動は、16年末にSMAPが解散してすぐに噂され始めたのですが、これまでずっと先送りになっていたんです。というのも木村には、元SMAPメンバーで現在は『新しい地図』として活躍する香取慎吾(41)、稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(44)の強力なライバル3人がいる。彼らは小西康陽や菅野よう子、ぼくのりりっくのぼうよみ、といったアーティストから楽曲を提供してもらい、定期的に曲を発表しています。ここまで木村がソロデビューしていなかったのは、彼らとのガチンコ勝負を避けるタイミングがつかめなかったからだと言われていました」(芸能記者)

 SMAP解散後、嵐の二宮和也(35)と映画『検察側の罪人』で共演するなど、俳優業に力を注いできた木村。一方の「新しい地図」は、これまで『72時間ホンネテレビ』(abemaTV)内で発表された「72」をはじめ、「雨上がりのステップ」など5曲を発表してきた。

「『新しい地図』は、ビクターの『Sルーム』から離れ、ワーナーミュージックジャパンと契約。来年の2月から4月中旬まで、ファンミーティング『NAKAMA to(と)MEETING_vol.1』と題したライブを全国各地で開催することを発表しています。もしソロアーティスト・木村拓哉が来春デビューするのだとしたら、いよいよ元SMAP同士でのガチンコ対決は避けられない。それぞれのファンに緊張が走るのは間違いないでしょう」(前同)

 何ごともなく「音楽番組で共演」とはいかない元SMAP対決。とりあえず、木村の新譜がどのようなものになるか楽しみに待ちたいところだ。

関連リンク

  • 12/6 11:00
  • 日刊大衆

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

3

記事の無断転載を禁じます