スタバの新作で世間が賑わっている日に「ドトール」へ行く快感について / ケーキセットが3重の意味でウマくなる

拡大画像を見る

例えるならば、渋滞で動けなくなっている車を尻目に、自分だけが抜け道をスイスイと走っていく感覚……に近いのではないかと思う。もしくは、通勤とは逆方向の電車に乗るようなものと言おうか。たぶんそんな感じだ。スタバの新作で世間が賑わっている日に、私が「ドトール」へ行くときの気持ちというのは。

といっても、ドトールの店舗がガラガラという意味ではない。混んでいるドトールだっていっぱいある。ただ、ネット上での話題具合に関していえば、スタバとドトールは「みんなが通りたがる道路」と「あまり知られていない抜け道」くらいの差があるのではないだろうか。

・ドトールの良さについて

ここで、私が思うドトールの良さについて紹介しておこう。改めて説明するまでもないかもしれないが、スタバとドトールを比較してドトールの良さを1つだけ挙げるとするならば、やはり価格だろう。ドトールはスタバよりも明らかに安い

例えば、本日発売されたスタバ新作『ピスタチオ クリスマス ツリー フラペチーノ』はトールサイズのみで590円だが、それだけあればドトールでケーキセットを頼める。店舗や選ぶケーキによっては590円を越えてしまうかもしれないが、大体それくらいの金額のはずだ。

つまり、スタバのドリンク1つの金額で、ドトールならケーキまで食えるのだ。

「いや、知ってるって」

──そう思った人、手を挙げてくれ。きっと手が挙がりまくっていることだろう。そう、そうなんだ。ドトールのケーキセットは安いってことを知っている人が多いから、それほど話題にはならない。ニュースにもならない。しかしながら……

冷静に考えて、ドトールのケーキセットはコスパ面で素晴らしい。もっと美味しいケーキは他にあるだろうし、価格だけならコンビニに劣る……ってことは重々承知しているにもかかわらず、私のようにドトールに行くとコーヒーだけじゃなくケーキも頼んでしまう人は少なくないのではないだろうか。

もちろん、スタバの新作も実に魅力的。ネットで毎回話題になるのも納得なのだが、そんなスタバの新作で賑わっている日にドトールのケーキセットを食うと格別だ。

ドトールのコーヒー&ケーキが単純にウマいということに加えて、「ネット上での話題性を完全に無視したったで」という快感もあるのだから。さらに、「評判に魅せられてスタバの新作を買いに行った人がドリンク1杯しか飲めない金額で、俺はケーキまで食ってんぞ〜」という言いしれぬ満足感まである。

つまり、スタバの新作で賑わっている日にドトールのケーキセットを食うと3重の意味でウマく感じるのだ。

参考リンク:ドトール「デザート」
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

関連リンク

  • 12/5 20:12
  • ロケットニュース24

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

13
  • トリトン

    12/9 18:08

    確かに名古屋のモーニングは半端無いね、ホットドッグ2つとかアメリカンドックに焼きそば、目玉焼きトーストおにぎり味噌汁セットとかトーストと玉子で喜んでるのは?と言いたいほどですね名古屋喫茶店巡りも面白いかもね。ランチもコーヒー当たり前でわ8種類の物(焼きそば、カレー、とんかつ、等)2種類の組み合わせに小鉢味噌汁ご飯650円(ここ数年行ってないから値上げしてるかも)後おせちの重箱に3種おかず等有ります

  • 本当なら名古屋地区は「個人経営の喫茶店」が一番なのだが、当たり外れも大きいのが難ですね。コーヒーの価格は「ドトール並み」とは言わないけど、スタバやコメダ珈琲店よりは明らかに安い。プラス喫煙と禁煙の分煙もされてるし、雑誌やスポーツ新聞も常備されている。気楽な時間が過ごせてケーキも美味いからね。店に入る前のスリルはありますが。支留比亜珈琲店は「サンドイッチ系の食事メニューの多彩さ」は半端ないです。

  • Libra.Astraia

    12/9 17:08

    スタバは年に1回行くかどうかなので、呪文は覚えない。全部『キャラメル・マキアート』か『キャラメル・フラペチーノ』で押し通す(笑)。

記事の無断転載を禁じます