『下町ロケット』グダグダで視聴率1桁目前…TBS池井戸潤ドラマがついに失敗

拡大画像を見る

 阿部寛が主演を務める連続テレビドラマ『下町ロケット』(TBS系)の第8話が12月2日に放送され、平均視聴率は前回より0.5ポイントダウンの11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。2015年に放送された前シリーズは最終回で同22.3%を記録し大ヒットドラマとなった。今回はその続編であり、満を持しての第2シリーズとなったわけだが、第3話で14.7%を記録して以降、視聴率は徐々に低下。ついには自己最低を記録してしまった。

 佃航平(阿部)が社長を務める佃製作所はこれまで、ロケットエンジン用バブルシステムの開発に携わってきたが、今シリーズではほとんどロケット事業に焦点は当てられていない。佃の娘、利奈(土屋太鳳)が帝国重工のロケット事業に関わっている手前、ところどころでロケットの話も盛り込まれてくるが、後半戦はほぼ無人農業ロボットの話だ。

 そんな無人農業ロボット事業も帝国重工から切られた挙句、その帝国重工も第7話ではギアゴースト社長の伊丹大(尾上菊之助)、ダイダロス代表取締役の重田登志行(古館伊知郎)らがつくった無人農業ロボット「ダーウィン」に完敗する結果となっていた。

 そのうえ、予告では佃が「なんとか俺らで野木(博文)を救ってやれないかな~」と発言する始末。もはや、下町工場が会社のプライドと意地をかけて困難に立ち向かっていくという設定は、どこかへ消えてしまった。池井戸潤氏原作のTBS「日曜劇場」といえば、前作の『下町ロケット』や『陸王』、『半沢直樹』のようにスカッとする展開が持ち味だっただけに、今回のグダグダした展開には面白みを感じられない。

 そんななかで今回は、元ギアゴースト副社長・島津裕(イモトアヤコ)のアパートの住人が、「仮面ライダーがたくさんいる!」と話題になっている。就活中の島津の元に、伊丹から「農業機械大展示会 アグリジャパン」に招待したいという手紙が届いたシーンがあったのだが、ポストの表札の多くが平成ライダーの名前になっていたのだ。

 よくよく見てみると表札には『仮面ライダー555』(2003~04年)の「乾(巧)」、『仮面ライダーキバ』(08年~09年)の「紅(渡)」、『仮面ライダーディケイド』(09年)の「門矢(士)」、『仮面ライダーオーズ』(10年~11年)の「火野(映司)」、『仮面ライダーV3』(1973年~74年)の「風見(志郎)」の苗字が並んでおり、その中心に島津のポストがある。つまり、島津は仮面ライダーに部屋を守られているというわけだ。

 なんだか、上野樹里と中村倫也がやっているダイワハウスのCMを彷彿させる設定ではあるが、これにネット上は「下町ロケットのマンションに住んでる人仮面ライダーばっかりで笑った」「ここの住民は安全だ」「島津さんのアパートは仮面ライダーで完全守られてますね(笑)」「オーズとディケイド、ここに勤務していたのかぁ」「下町ロケット、スゴイとこに仮面ライダーネタぶっ込んでいて笑った」などと大盛り上がり。

 しかも、過去に『仮面ライダードライブ』役を演じた竹内涼真や『仮面ライダースカル』役を演じた吉川晃司も出演しており、もはや“無敵状態”。マニアックなところで言うと、表札には『仮面ライダービルド』(17年~18年)の脚本を手掛けた「武藤(将吾)」の名前もある。それに加えて、ゴースト編は『仮面ライダーゴースト』(15年~16年)と名前かぶりしているため、「下町ロケットゴーストこれもう実質仮面ライダーでしょ」というツッコみの声も寄せられていたのだった。

 思わぬところに小ネタが隠されており、盛り上がりを見せた『下町ロケット』だったが、ドラマとしての盛り上がりには欠けてしまった第8話。このままいけば、1桁台に陥落してしまう危険性もありそうだが、ここから持ち直す秘策はあるのだろうか。
(文=絢友ヨシカ/ライター)

  • 12/4 20:30
  • Business Journal

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

3
  • ただの中ダルミだから最終話近くになったら盛り返すでしょ。

  • 池井戸潤の作品は次から次へと問題が発生するから心が休まらないね。

  • マッシー

    12/5 12:12

    あまりにも、トラブルが起こり過ぎる。一難去ってまた一難。一件落着したと思ったら、またまたトラブル発生。不自然です。

記事の無断転載を禁じます