貴乃花、若乃花、曙…同期飲み会も開催!「花の六三組は個性が強すぎた」元大関・魁皇の浅香山親方激白

拡大画像を見る

 大関在位65場所。100キロを超える驚異の握力を誇り、「怪力大関」として、優勝5回を達成した元大関の魁皇。2011年、38歳で惜しまれつつ引退。友綱部屋の部屋付き親方を経て、14年、東京・墨田区に浅香山部屋を創設し、一国一城の主となった。

 大関・魁皇が初土俵を踏んだのが、昭和63年春場所のこと。福岡県直方市の中学で柔道部だった魁皇は、部屋関係者のスカウトを受け、相撲はほぼ未経験ながら、友綱部屋に入門した。このとき、魁皇と一緒に初土俵を踏んだのが、若花田(のち横綱・若乃花)、貴花田(のち横綱・貴乃花)、大海(のち横綱・曙)といった面々だった。

「新弟子検査のときから、若貴目当ての報道陣が殺到していて、正直“エライところに来ちゃったなぁ”と、入門を後悔しましたよ(苦笑)」と、浅香山親方が振り返るように、「無印」の魁皇(当時、古賀)を尻目に、若貴兄弟、曙は驚異のスピードで番付を駆け上がっていき、63年春場所が初土俵の力士たちは、「花の六三組」と呼ばれるようになった。

 3人の中で、魁皇と同じく中卒、15歳で入門したのが貴花田。17歳2か月で新十両に昇進。さらに、17歳8か月で新入幕を果たし、世間の度肝を抜いた。「貴花田は自分と同じ年の人間だとは思えなかったですね(笑)。でも、同期生があれだけのことができるんだから、“自分も頑張らなければ!”と、憧れを持ちつつ、目標にしていたんです」

 魁皇が新十両に昇進したのは平成4年初場所、19歳のこと。入門から4年、10代での十両昇進はかなり速いペースだが、同期生3人が抜きん出ていたため、話題になることは少なかった。そして平成6年春場所、前頭筆頭の魁皇は初顔合わせの曙との対戦で、白星を挙げる。「同期生なのに、番付が離れ過ぎていて、これが最初の対戦だったんです(笑)」

 一番思い出に残るのは、翌7年初場所、横綱・貴乃花から挙げた金星だ。「このとき、お互い22歳。貴乃花が新横綱の場所でした。この後も貴乃花とは何度も対戦があったけれど(12勝27敗)、“ようやく追いついた”という気持ちでしたね。これは対戦した力士じゃないと分からない感覚だと思いますが、貴乃花って思いきりぶつかっていっても、まったく勝てない。スキがない強さなんです。その後、朝青龍が横綱に昇進して、一時代を築きましたよね。年齢差はだいぶあるんですが、彼にもだいぶ痛めつけられました(12勝25敗)。朝青龍は本当に強くて、瞬発力も抜群ですが、スキがあるんですよ。それで自爆するケースがある。貴乃花と朝青龍の決定的な違いは、その点でしょうね」

 若乃花、曙に関しては、「若乃花はやりやすいタイプだったなぁ(14勝15敗)。相撲がうまくてすばしっこいけど、なんとかなるって感じ(笑)。曙には分が悪かった(6勝25敗)。手足が長いから、まわしを取る相撲を得意とする私にはやりづらい相手でした」(前同)

 横綱に上り詰めた同期生の3人は若乃花、曙、貴乃花の順に現役を引退。「同期が誰も角界に残ってない。皆、個性が強すぎたのかな」

 それぞれ別の道に進んでも、「六三組」の絆は固く、数年前まで同期生会を開いていた。「曙が闘病中ということもあり、今は自粛しているんです。貴乃花も相撲の仕事のときは無口だけど、同期会では別人のように饒舌。本音を言えば、貴乃花には協会に残ってほしかったし、これから先を考えたらいてくれなきゃと思ったんだけど。相撲に関わりたいと言っているから、何か協力できたらね。苦しい稽古で這い上がってきた男ですから、どんな世界に行っても成功してくれると信じています」

■朝青龍VS旭鷲山「風呂喧嘩」仲裁の真相

「昔から喧嘩を仲裁することは多かったんだよ。入門したての頃も、相撲教習所で曙が同期力士を煽って喧嘩していたのを止めたりしたよ。皆、負けん気が強いから、ケンカして浴衣がビリビリに破れたりということもよくあったね」

 こう当時を懐かしむ浅香山親方。魁皇による“名仲裁”といえば、有名なのが03年名古屋場所での、横綱・朝青龍と旭鷲山の風呂場での大喧嘩。朝青龍が旭鷲山の髷をつかみ、反則負けとなった取組後の出来事だった。

「確か、旭鷲山が先に風呂に入っていて、朝青龍が後から入ってきたんだ。すると、旭鷲山がわざと肩をぶつけて、けしかけてきたんだよね。若い衆も止められないから、とりあえず2人を引き離して、なんとか場を収めたよ。ただ、マスコミにバレたら大騒ぎになるから、彼らには“絶対にしゃべるなよ”と言っておいたんだ。場所中だし、喧嘩で騒がれると大変だからね。

 ところが風呂場から出てびっくり! 旭鷲山がもう、しゃべってたんだよ(笑)。彼は“朝青龍がやった”と主張していたけど。旭鷲山は、すぐ表に出しちゃう目立ちたがり屋なところがあるからね。そこは今も変わらない(笑)。

 同郷の後輩の朝青龍が横綱にまで大出世して、嫉妬ややっかみもあったのかな? まあ、とにかく、あの2人はソリが合わなかった。朝青龍は意外と、ちゃんとしてたんだよ。ただ裏表がないからヤンチャもするし、自制することもできなかったんだろうね」

(取材・文/武田葉月 ノンフィクションライター)

関連リンク

  • 12/4 18:00
  • 日刊大衆

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

1
  • まさまさ

    12/6 12:44

    曙さんオレの連れ去るなやー

記事の無断転載を禁じます