菜々緒『土下座しなさいよ!!』ブチギレ演技に大反響!向井理の“ギャップ萌え”も<リーガルV>

米倉涼子が主演を務める木曜ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(テレビ朝日系)の第7話が11月29日に放送され、主人公・小鳥遊翔子(米倉)と敵対する大手事務所の弁護士コンビ、海崎勇人(向井理)&白鳥美奈子(菜々緒)がともに、今までにない一面を披露!視聴者を賑わせている。(以下、ネタバレがあります)

弁護士資格を剥奪された元弁護士の翔子がワケあり弱小弁護士たちをスカウトし、大手法律事務所を相手に勝利(Victory)を懸けた戦いを挑む次世代リーガルドラマ「リーガルV」。

米倉や向井、菜々緒のほか、翔子が管理人を務める「京極法律事務所」のメンバーに林遣都、安達祐実、荒川良々、三浦翔平、勝村政信、高橋英樹が顔をそろえるなど、豪華キャストも話題を呼んでいる。

■ 白鳥、翔子の見せ場を奪う活躍!

第7話は、第6話(22日放送)に引き続き、婚活相談所「ローズブライダル」の結婚詐欺の疑いをめぐる法廷での争いが描かれた。

全国から詐欺被害者に呼びかけ、ローズブライダルを相手取った集団訴訟を企てた翔子たち。法廷での事務員・伊藤理恵(安達祐実)の涙ながらの訴えが、人々の心を大きく動かした。

そんなドラマチックなラストで意外な一面を見せたのが、翔子たちの敵だった「Felix&Temma法律事務所」の弁護士コンビ、海崎&白鳥。

強烈な野心を持ち、翔子に対して激しいライバル意識を持つ白鳥だったが、なんと自身もローズブライダルの会員で、詐欺被害に遭っていたことが判明。結婚詐欺を主導していたローズブライダル代表・相田栞(東ちづる)をひざまづかせ、「詐欺で会員を散々苦しめたでしょ?ちゃんと土下座しなさいよ!頭を床に擦りつけなさいよ!」と激しい怒りをあらわに。さらに、その姿を見た海崎はクールな表情から一転、持っていた資料で口元を隠し、目をパチクリ。今まで見せたことのない驚きの表情で、茶目っ気をのぞかせた。

■ 話題になった菜々緒のあのキャラを連想するファンも

これまで表情を崩すことがなかった海崎&白鳥が見せた人間味ある表情に、視聴者からは大反響!

カッコよく啖呵を切った菜々緒には「菜々緒さまカッコいい!」「白鳥先生がブチギレてくれてスッキリした!」といった声が上がったほか、菜々緒が主演していたドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」(日本テレビ系)を重ねる声も。

第6話で上司の天馬(小日向文世)が秘書の中沢(宮本茉由)にワインをかける姿を見ても無表情を貫き、「これが椿眞子だったら天馬に足蹴り食らわせてるな…」とガッカリする声も上がっていたが、今回は視聴者の期待に応え、翔子に代わって相田を成敗。「待ってました!」「菜々緒さまのデビルさく裂」「菜々緒はこうでないと!」といった喜びの声が目立った。菜々緒のローズブライダルでの会員番号が「770番」だったことから「菜々緒、ななおだから770番なのか…」という鋭い読みを披露する視聴者も現れるなど、白鳥の活躍が注目を集めた。

そして、そんな白鳥にビックリの表情をのぞかせた海崎には「今日の向井くん、可愛すぎた!」の声が殺到!「ギャップ萌えーーー」「カッコつけてクールなばかりじゃ飽きる!こういうの嬉しい」「乙女かわいい海崎さん、好物!」といった興奮気味の感想に加え、「はぁ。元カノの小鳥遊さんは海崎先生の可愛いところも知ってるんだなぁ…」と妄想を膨らませる声も上がった。

ドラマはいよいよ終盤。いまだ詳細が明らかにならない守屋至(寛一郎)の事件をめぐり、翔子と天馬の一騎打ちの様相を呈してきた。翔子を蹴落とすためなら汚い手もいとわない天馬に、翔子率いる京極法律事務所がチーム力で立ち向かう。そんな中、人間味を見せてきた海崎&白鳥がどうドラマにスパイスを添えていくのかも見どころとなりそうだ。(ザテレビジョン)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/30 11:25
  • ザテレビジョン

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

3
  • 凰呀

    12/1 15:25

    土下座と言えば 本来できるはずなのだ……!本当にすまないという気持ちで………胸がいっぱいなら……!どこであれ土下座ができる……!たとえそれが……肉 焦がし……骨 焼く………鉄板の上でもっ……………! 焼き土下座! が浮かんでしまう。

  • 菜々緒、テレビではキツイイメージあるけど、私生活ではめっちゃ良い人!

  • ミュール

    11/30 16:24

    白鳥見直したわ!嫌いなキャラだったけど、あのシーンで好きになりました!年増のあのクソ女をもっとヒールで踏みつけても良かったんじゃない?w

記事の無断転載を禁じます