薬物中毒死事件急展開? 紀州のドンファン「離婚届」と「遺産30億円」の謎

拡大画像を見る

「薬物中毒」による衝撃死から5か月超。迷宮入りも囁かれた難事件に急展開が……。本誌独占情報!

 美女4000人を抱いた男、紀州のドン・ファンこと野崎幸助氏(享年77)が5月24日に急性の薬物中毒で謎の死を遂げてから早5か月超。迷宮入りも囁かれた怪事件が、ここにきて急展開が見られるという。在阪の全国紙社会部記者は、「薬物捜査班を投入し、和歌山県警の捜査は、いよいよ大詰めを迎えつつあるとも聞こえてきますね」と語る。捜査が佳境に入る中で、本誌がつかんだ独占情報はたして、“真犯人”は誰なのか?

 まずは、野崎氏が和歌山県田辺市にある自宅2階のソファにもたれかかり、亡くなっていたときの衝撃状況を改めて振り返りたい。ドン・ファンに30年仕えた家政婦(67)の独白を掲載した『週刊朝日』(10月26日号)によると、野崎氏が亡くなった当日、家政婦が午後8時頃に野崎氏宅へ戻ると、2月8日に入籍していた若妻Sさん(22)が1階でテレビを見ていたという。家政婦が「社長(野崎氏のこと)は?」と聞くと、「上で寝ている」と若妻が答えたと証言している。

 やがて、2階でドンという大きな音がして、家政婦が「社長が怒っている。早く上に行きなさい」と若妻に伝え、彼女がソファでグッタリしている野崎氏を見つけるのだ。それが午後10時すぎだった。警察関係者が話す。「野崎氏が2階で風呂上がりに一糸まとわぬ姿でテレビを見ることはよくあるそうなので、一糸まとわぬ姿だったのはうなずけます。だが、当日の状況でいくつか気になる点があります」

 まず、死後硬直の状態から見て野崎氏が亡くなったのは、「家政婦が戻る2~3時間前、つまり死亡推定時刻は午後5~6時とみられるんです。つまり、ドンという大きな音の正体もさることながら、死体が事実上、4~5時間放置されていたことになるんです」(前同)

 それから、もう一つ、気になる点があるとされる。「それは、1階であまりテレビを見ることのなかったとされるSさんが、その日は、なぜか1階でテレビを見ていたことだといいますよ」(同)

 いったい、それはなぜか。「Sさんは警察の事情聴取に、野崎氏と結婚後、一度も“シてない”と証言しているといいます。だが、それは実のところ、野崎氏が年齢的なこともあって求めなかったからではなく、野崎氏が何度か迫ったものの、その都度、彼女が拒否していたからだというのが真相だそうなんです」(同)

 警察の調べによると、野崎氏が自宅にいるときには、夫婦でダブルベッドのある2階の寝室でテレビを見ることが多かったとされる。「2階にいると野崎氏に“迫られる”からと、Sさんはよく1階に下り、リビングでスマホのゲームをしていたようです。ただ、その日はゲームの代わりに、なぜかテレビだったということなんです……」(同)

■本田翼似の新たな美女の存在も

 この謎めいた話が本当なら驚くべきことだが、この夫婦間の“レス”の話が、野崎氏が亡くなる約1か月前の、離婚をめぐる事件につながっていくのだ。事件の闇に迫った『紀州のドン・ファン殺害「真犯人」の正体』(講談社+α文庫)では、「ミス・ワールド」と呼ぶ女優の本田翼似の新たな美女の存在がクローズアップされている。死の17日前、野崎氏はその新しい“彼女”と東京・丸の内のパレスホテルで一夜を過ごし、著者の吉田氏に対して、Sさんと離婚し、「ミス・ワールド」と結婚すると話していたという。前出の社会部記者が、こう続ける。

「やはり、死の1か月前頃でした。野崎氏とSさんの間で、行為を拒み続けたことが原因で最終通告として離婚届を“出す、出さない”で激しく揉めたことがあったそうです。野崎氏は、Sさんから、本気で別の女性へ乗り換えようとしたのかもしれません」 前出のドン・ファン本にも、Sさんがドン・ファンの目の前で離婚届を破り捨てたことが書かれている。

■犯人逮捕のXデーは?

 一方、野崎氏の怪死事件で最大の謎は、彼の会社の金庫が空っぽだったこと。野崎氏には、時価5億円ともいわれるルノワールや藤田嗣治の絵画、不動産や有価証券、預貯金や現金を合わせ、総額30億円ともいわれる遺産があるとされる。「だが、6月20日、警察が野崎氏の会社を家宅捜索した際、大型金庫にはスーツとネクタイ、小型金庫には不動産の権利書などが入っているだけだった。しかも、野崎氏は、ガムテープでグルグル巻きにしたトランクの中に2億円の現金を入れていたというが、その2億円がトランクごと消えてしまっていました」(前同)

 その“消えた遺産”に絡み、捜査当局はある関係者に注目しているとされる。「その人物は金庫のことも詳しい人間だといわれていますが、行方をくらませてしまったというんです。当局は目下、その人物の行方を追っています」(前出の警察関係者)

 今のところ、金庫が空っぽだったことや2億円入りのトランクが消えてしまったことと、行方不明になったという人物が、どう関係しているかは不明だ。「ただ一つだけ言えるのは、当局は犯人の尻尾をつかんでいるということ。早ければ年内に、野崎氏を殺害した真犯人が逮捕される可能性がありますよ」(前同)

 発生から、もうすぐ半年。ドン・ファン怪死事件は、ついに犯人逮捕のXデーを迎えそうだ。

関連リンク

  • 11/19 17:00
  • 日刊大衆

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

1
  • 誰が逮捕されても「ああヤッパリね」とか「関係者だと思った」とか言い出す方が多いと予想。

記事の無断転載を禁じます