『あいのり』初カップルが破局 アスカ「裕ちゃん約1年間本当にありがとう」

拡大画像を見る

 Netflix『あいのり:Asian Journey』で初カップルとなったモデルの卵・アスカと、どら焼き屋・裕ちゃんが破局した。17日にアスカがインスタグラムを通じて「あいのりで出逢い、お付き合いしていた裕ちゃんとお別れしました」と伝えた。

 1999年10月から2009年3月まで約9年半にわたって地上波で放送していた人気番組『恋愛観察バラエティーあいのり』がNetflixにて復活。アジア各国を旅する女3人、男4人の計7人が“真実の愛”を探すたびに出ており、現在シーズン2が配信されている。

 今年2月15日に配信(第17話)でNetflixで同番組が復活後、カップル第一号となった2人。当時、アスカは「旅の中でつらい事もあったんですけど、それを乗り越えた分、めちゃくちゃうれしかったです」と喜び、 裕ちゃんも「僕とアスカが一緒に帰れたんだから、うれしいですね」と幸せオーラを振りまいていた。

 あれから、9ヶ月。アスカはインスタを通じて「わたしは、あいのりで出逢い、お付き合いしていた裕ちゃんとお別れしました」と報告し「あいのりの旅で出逢い、楽しいこと、辛いこと、自分とも向き合い、共に成長して、付き合うことができ、観てくださったたくさんの方に“感動した”“勇気をもらった”などのメッセージをいただき、とても感謝しています」とメッセージ。

 続けて「日本に帰ってきてからも一緒にランニングしたり、裕ちゃんの試合を観に行かせて頂いたり、お仕事もお互い頑張っていたのですが、考え方、生活スタイルの違いで裕ちゃんに対する気持ちが薄れてしまっていました。真っ直ぐで一生懸命な裕ちゃんを今でも尊敬するし、すきだけど、恋人としてはみられなくなっていました」と破局の経緯を説明。

 「あいのりを通して出逢い、純粋に一途に人を好きになる事を教えてくれた裕ちゃんには感謝しかありません」と記し「たくさんの方に応援していただいていたのに、このようなかたちで報告する事になってしまい、申し訳ありません。裕ちゃんとはすてきな旅を一緒に経験した大切なお友達です。わたしの忘れかけていた純粋に恋するという気持ちを教えてくれた裕ちゃんだから、これからも幸せになってほしいと思います」。

 最後は「裕ちゃん約1年間本当にありがとう。あいのりという本当に素敵な旅で学んだ、この大切な経験を忘れず、まだまだ人として、女として成長して、お仕事も頑張っていきますのでこれからも平アスカを宜しくお願いいたします」と結んだ。 (写真=裕ちゃん(右)との破局を報告したアスカ (C)ORICON NewS inc. )

関連リンク

  • 11/19 10:42
  • オリコン

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

1
  • 別天津神

    11/19 20:23

    そうなんだ。(´-ω-`)ダレ?

記事の無断転載を禁じます