山田孝之&佐藤健が居酒屋で殴り合い、ファン驚愕の重要シーン公開

拡大画像を見る

ドラマ「山田孝之の東京都北区赤羽」(15)で絶妙なコンビネーションを見せ、「山田孝之のカンヌ映画祭」『映画 山田孝之3D』(17)の2本では、自由な映像表現で映画ファンを驚愕させた俳優の山田孝之と監督・山下敦弘。そんな盟友コンビによる待望の劇映画『ハード・コア』が11月23日(金・祝)に全国公開される。

本作は、90年代に漫画雑誌「グランドチャンピオン」で連載され、多くの読者の共感を呼んだ伝説のコミック「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」(作:狩撫麻礼、画:いましろたかし)待望の映画化作品。主人公の権藤右近を演じるのは、この役を体現する日がくることを待ち焦がれていた山田孝之。多彩な役柄を自らのものにしてきた山田が、無骨ながら実は優しい平成のアウトローを人間臭く演じていて目が離せない。右近の友人・牛山を演じるのは、自身、「生きていく上でのバイブル」と言い切るほど原作を愛してやまない、荒川良々。「牛山役は自分しかいない!」と語る通りに、荒川の味のある芝居が本作を愛おしいものにしている。そして右近の弟・権藤左近を演じるのは、山田との兄弟役に「2秒で出演を決めた」という佐藤健。今まで見せたことのない表情と佇まいを見せ、頭脳明晰で生気が希薄な男を演じている。

そして本日、右近と左近が居酒屋で殴り合う、本編でも重要なシーンが解禁となった。

解禁となったのは、右近が想いを寄せる職場の上司・水沼(康すおん)の娘・多恵子について左近が「兄貴、やめとけ。あれは兄貴の手に負える女じゃねえ」と重い言葉を口にするシーンから始まる。多恵子のことを何も知らない左近だったが右近に忠告しながらも「俺がいい女紹介するは」と一言放った瞬間に右近の怒りが爆発し左近を殴り飛ばし、殴られた左近も右近を殴り返す。あまりにも純粋で、現代社会に溶け込めず世直しするべく日々の生活を送る右近に「何が世直しだよ。間違ってるのが世の中だろう。その中で要領良くやっていくしかないだろう」と左近が言い放つ。

対して右近は「間違っていることを間違っていると言って何が悪いんだよ。俺はちゃんと生きたいんだよ!!」と自分の信念を叫び、権藤兄弟の哲学がぶつかり合う本編での重要なシーンとなっている。山下監督はこのシーンについて「山田くんと佐藤くんには、右近と左近が兄弟としてリスペクトし合っているということを表現したいと伝えました」と語り、その言葉を受けて山田は「右近は左近が言わんとしていることもとっくに分かっている。でも、できないというか、左近のように賢くなんか生きたくないと思っている。その繰り返しなので、返す言葉の強さやタイミングなんかも気にかけながら演じました。あのシーンでは、右近が観ている人から愛される存在でなきゃいけない。右近が言っていることは、みんなが思っていることじゃないですか。出来ることなら右近のように生きたいけど、そうしない方が賢い――それが今の世の中の生き方です。諦めているというか。だからこそ、世の中に反抗している右近が可哀想なだけではなくて、カッコよく見えたり、構ってあげたくなる存在にならなければいけない。それを、ちょうど良いバランスで表現するのは難しかったですね」と語った。「居酒屋のシーンは、この映画の見方がようやく分かるところ」と山下監督が語るほどの重要なシーンを熱く演じた山田と佐藤の演技に是非ご注目いただきたい。


©2018「ハード・コア」製作委員会



関連リンク

  • 11/16 18:00
  • dwango.jp news

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

3

記事の無断転載を禁じます