BTS問題で、K-POP勢が音楽番組から抹消危機も? 業界が注目する「NHKジャッジ」とは

拡大画像を見る

 大みそか恒例の『NHK紅白歌合戦』出場歌手が11月14日、同局より発表された。今年は直前の大騒動により、BTS(防弾少年団)らK‐POP勢の当落の行方に、世間は大きな関心を向けていたが、それは音楽業界やほかのテレビ局も同様だったという。

「一時期は内定情報が流れていたBTSですが、メンバーであるジミンが、過去に『原爆Tシャツ』を着用していたことが発覚し、社会問題にまで発展、NHKは出場不可との判断を下すことに。一方、女性グループ・TWICEは、昨年に引き続き出場することになりましたが、メンバーが従軍慰安婦を支援する企業のTシャツを着用していたとわかると、嫌韓派から『TWICEもいらない』という声が噴出、さらには『そもそもK‐POP勢は出ないで』などという批判が出る事態となっています」(スポーツ紙記者)

 NHKは、BTS除外は別問題扱いで、K‐POP勢の番組出演自体にはGOサインを出したということだが、このNHKのジャッジは、年末に向けて準備が進められている、民放各局の大型音楽番組の選考にも、大きく影響するとみられるようだ。

「TWICEは今年、リリースした作品がどれも好調ですし、若者を中心に人気は絶大で、それを維持していますから、『紅白』出場は順当な結果と言えるでしょう。しかし、もしNHKがTWICEを落選させていたら、ほかの民放各局も『NHKが出場させなかったんだったら、うちも……』などと、年末の音楽番組には起用しなかったはず。もっと言うと、韓国アーティストは全て“出禁”になっていたかもしれません」(同)

 そんな中、『日本レコード大賞』(TBS系)の審査員や関係者たちは、『紅白』出場者発表を見て、「安堵していた」(レコード会社関係者)という。

「『紅白』出場者発表の翌15日に、『レコ大』ノミネートにあたる優秀作品賞の最終選考が行われ、発表されましたが、もし『紅白』の発表より前に最終選考を行ってBTSを選出し、その後NHKがBTSを落選させたら、『レコ大』に嫌韓派のバッシングが一点集中し、火の海になっていたはず。関係者一同は最悪の事態を避けられたと、ホッとした様子でした」(レコード会社関係者)

 2011年、「暴排条例(暴力団排除条例)」が施行された際にも同様に、業界中が『紅白』出場者の“NHKジャッジ”に注目していたとか。

「そのポイントは、反社会的勢力と過去に近しい関係だったり、交流を続けているとされるような大御所歌手をNHKは落選させるのかどうか。しかし、ふたを開けてみると、出場が危ぶまれていた者たちは、皆、出場を決めていました。今回のBTS問題は、この時以上の緊迫感だっただけに、音楽業界全体から注目が集まっていたのです」(同)

 12月も約2週間後に迫っており、各局音楽特番の出場者も、間もなく発表される見込み。BTSの出演はないとして、果たしてどれだけのK‐POP勢の姿を見ることができるだろうか。

  • 11/16 12:06
  • サイゾーウーマン

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

25
  • りんご

    11/19 14:59

    TWICEの日本人とかいってる人いるけど在日なんだから純日本人じゃないし。もとは朝鮮人なんだから一緒にしないでほしい。朝鮮人がただ日本に住んで勝手に通名使って日本人ぶってるだけ。

  • みーやん

    11/19 12:45

    TWICE?あぁ爪楊枝で酢豚食べてた子たちですね分かります。 (´・ω・`)

  • まる☆

    11/19 12:44

    出稼ぎ韓国人アーティストは出さないで欲しい。うそくさい腹黒なんかいらない。

記事の無断転載を禁じます