【日米野球】侍ジャパン、“ギータ弾“で逆転サヨナラ勝ち発進 3点二塁打の秋山「自信になる」

拡大画像を見る

野球日本代表「侍ジャパン」は9日、「2018日米野球」第1戦でMLBオールスターチームに7-6で劇的なサヨナラ勝利を飾った。2点ビハインドで迎えた9回に會澤翼(広島)のタイムリーで1点を返すと、続く柳田悠岐(ソフトバンク)が逆転サヨナラ2ラン。5回に3点二塁打を放った秋山翔吾(西武)は、MLB選抜を粉砕し「自信になる」と話した。

柳田の衝撃的な一発で勝利、秋山は「みんながやるべきことをやって勝利に結びついた」

■侍ジャパン 7-6 MLBオールスター(9日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は9日、「2018日米野球」第1戦でMLBオールスターチームに7-6で劇的なサヨナラ勝利を飾った。2点ビハインドで迎えた9回に會澤翼(広島)のタイムリーで1点を返すと、続く柳田悠岐(ソフトバンク)が逆転サヨナラ2ラン。5回に3点二塁打を放った秋山翔吾(西武)は、MLB選抜を粉砕し「自信になる」と話した。

 敗戦ムードの中で迎えた9回、侍ジャパンが一気に試合をひっくり返し、劇的勝利をもぎ取った。柳田がバックスクリーンに豪快な逆転サヨナラ弾を叩き込むと、球場は悲鳴にも似た大歓声に包まれ、侍ジャパンの選手たちは一斉にベンチから飛び出した。

 試合後、稲葉篤紀監督とともに記者会見に出席した秋山は「試合前からとにかくベンチの雰囲気を良くしていこう、声を出していこうと言っていまして、追いかける展開の中でみんなが1点ずつ取りながら食らいついけたっていうのは、日本らしい野球といえばそういう気もします」と手応えを示した。

 そして、最終的には試合をひっくり返し、勝利をもぎ取った。全6試合の日米野球は、幸先のいいスタートとなった。

「選手たちもみんながやるべきことをやって勝利に結びついた。MLBのあれだけ力のある選手たちに通用したところがあったにしても、勝つことが目標だと監督から言われているので、それに応えられたっていうことで、明日以降のそれぞれのプレーに何かしらの自信、勇気がわいてくる。明日以降につながる勝ちになると思います」

 第2戦以降はMLBオールスターも間違いなく意地を見せてくるはず。侍ジャパンの劇的勝利で今後の試合も盛り上がりそうだ。(Full-Count編集部)

関連リンク

  • 11/9 23:07
  • フルカウント

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます