アウベス モウリーニョとの“不仲”を告白

拡大画像を見る

PSGのブラジル人DFダニ・アウベスは『Sky Sports』のインタビュー内でマンチェスター・ユナイテッドの監督、ジョゼ・モウリーニョとの長期間に及ぶ不仲の理由について語った。 

「私は競争者や勝利を望む人々と働くのが好きだ。私はもう少しで彼と一緒に働くところだった。バルサに加入する前、チェルシーに加入寸前だったんだ。だが、私ではなく、クラブの判断でチェルシーには行かなかった。私は当然彼と働く気でいたよ」

「僕がチェルシーに行く事を望まなかったという異なる情報を耳にしたのかどうかは分からない。何故ならそれ以降、私達の関係性はあまり良くなかったからね。だけど、私の責任ではなかった。私は彼のチームの一員となり、彼と共に働くつもりだった」ダニ・アウベスはそのように語った。 

同インタビューでダニ・アウベスはバルサを離れた時、グアルディオラのマンチェスター・シティと契約寸前だった事も明かした。 

「私はマンチェスター ・シティに加入するための全ての準備が出来ていたが、家族との判断によって行かなかった。私はペップと話した。彼は私が彼と再び働きたいという意向を持っていた事、彼と彼のスタッフに巨大な尊敬を抱いている事を知っている」 

関連リンク

  • 11/9 21:42
  • SPORT.es

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます