【日米野球】MLBが再々勝ち越し 20歳ソトが岡田から2点弾 投手戦から乱打戦の様相に

拡大画像を見る

野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は9日、東京ドームで第1戦が行われ、6回にMLB選抜がナ・リーグ新人王候補ソトの2点アーチで、3度目の勝ち越しに成功した。

4回まで1-1の攻防だったが5回に一変

■侍ジャパン – MLBオールスター(9日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は9日、東京ドームで第1戦が行われ、6回にMLB選抜がナ・リーグ新人王候補ソトの2点アーチで、3度目の勝ち越しに成功した。

 5回裏、侍ジャパンが秋山の走者一掃左翼線二塁打で同点に追いついた直後だった。この回マウンドに上がった侍ジャパン3番手の岡田から、先頭のハニガーが二塁内野安打で出塁すると、弱冠20歳のソトが左翼へ勝ち越し2点アーチ。あっという間にリードを奪い返した。

 4回までは1-1の投手戦が展開されたが、5回から一変。試合は乱打戦の様相を呈している。(Full-Count編集部)

関連リンク

  • 11/9 20:48
  • フルカウント

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

11
  • 剣飛竜

    11/9 22:24

    こんなスカッとする試合は久しぶりです、今日は気持ちよくグッスリ眠れます(笑)

  • Libra.Astraia

    11/9 22:20

    MLB相手にサヨナラかぁ…、明日は土曜日で、ウチに日刊スポーツが入るから見てみます。

  • 剣飛竜

    11/9 22:17

    日本のチームが、メジャー相手に最終回、二点差ひっくり返し、しかもサヨナラホームランで勝つなんて試合、かつてあったんだろうか

記事の無断転載を禁じます