電動ドライバーがあれば使える!《おそうじアフロ君》の汚れ落とし能力が衝撃的!

電動ドライバーの先端にビットを差し込むだけ!

お風呂など水回りのステンレスやキッチンの床など、長年蓄積された頑固な水垢や油汚れに悩んでいる人は多いのではないでしょうか。そんなときには、《おそうじアフロ君》がオススメです。電動ドライバーの先端に差し込むだけで、回転のパワーで汚れを強力に落としてくれます。

類似の商品はほかにもありますが、アフロ君の場合は六角のビットがはじめから付いていて、扱いが簡単です。

アフロ君の構造は、アフロ状のヘッド部が不織布研磨材で軸の部分は鋼鉄です。ヘッド部の硬さには、「かため」「ふつう」「やわらかめ」の3種類があります。

今回は「ふつう」を購入してテストします。実際使ってみると程よい硬さでした。家庭で使うには、「かため」だと磨く素材に傷が付きやすいと思います。

汚れを落としてみましょう!

アフロ君をブラック・アンド・デッカーの電動コンパクトドライバー《CS3652LC-JP》に装着して、シンクを掃除してみます。ウィーンという作業音が、いかにも汚れを落としてくれそうです♪

ちなみに《CS3652LC-JP》は3.6Vですのでパワーはソコソコですが、USBで充電できるのが便利。個人的には一番使用頻度の高い電動工具です♪

アフロ君は、ヘッドに水やお湯(耐熱温度は100℃)、中性洗剤を付けて使うことができます。アフロ形状のメリットで、シンクのコーナー部分もスマートに掃除できます。

シンクがピカピカになりました♪ スポンジでゴシゴシと掃除すると大変ですが、このアイテムを使うと全然疲れません。

気をつけるポイントとしては、アフロ君は「ふつう」の硬さでも表面を若干は研磨しているということです。汚れ落としが楽しすぎて過剰に掃除してしまいがちになりますが、「ほどほど」にとどめておきましょうね!

アフロ君の実力をいろいろな場所でチェック!

このお掃除アイテムが使えるのは、もちろんシンクだけではありません。お風呂場のタイルや陶器の洗面台、キッチンの壁面などにも有効です。ビフォーアフターで見てみましょう。

調子に乗って色々なところを掃除してみましたが、疲労感はありません。広範囲を掃除するなら、アフロ君と軽量なコンパクトドライバーの相性は抜群です。汚れが強烈なところは、18Vのインパクトドライバーに装着すれば最強だと思います。

【番外編】フローリングの汚れにも威力を発揮!

アフロ君は、フローリングに蓄積した油汚れも落とせます。ただ、フローリングを掃除したあとには「ワックス掛けが必要」になります。「どうしても許せない」というレベルまでフローリングが汚れていたら、使ってもいいと思います。

掃除した部分とそうでない部分がハッキリと分かります。この汚れ、雑巾ではいくら頑張っても取れなかったものです。アフロ君には脱帽です。

いかがでしたでしょうか。「いくら頑張っても落ちない汚れがある」とお悩みの方は、一度試してみてもいいかもしれませんよ♪

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/9 20:03
  • LIMIA

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます