ゴディン“バロンドールはグリーズマンが獲るべき”

拡大画像を見る

アトレティコ・マドリーのディフェンダー、ディエゴ・ゴディンは、チームメイトであるアントワーヌ・グリーズマンが、2018年のバロンドール獲得に「相応しい」と語っている。

「アントワーヌ(グリーズマン)のアトレティコでの功績(UEFAヨーロッパリーグ優勝)やフランス代表のロシア・ワールドカップのタイトル獲得は十分に受賞に値するだろう。彼が“真の勝者”になることを願っている」と語った。

8日(木)、自閉症スペクトラム障害の人々が運営する労働組合のプレゼンテーションに参加したウルグアイ人は、「アントワーヌがバロンドールを受賞することを望んでいる」と願いつつ、自身のバロンドール受賞の可能性については、「私は勝者にはなれないだろうが、最終候補(30名)にノミネートされていることは知っているよ」と冗談を交じえ答えた。

「彼が(グリーズマン)受賞しなければ“失望”とまでは言わないが」と前置きしつつ、友人であるグリーズマンが「何よりも勝つことを望んでおり、彼はそれに値する」と主張した。

アトレティコのキャプテンは、「私が判断できるわけではない、公平や不公平と言うことはできない。ノミネートされた選手は、バロンドールを獲得するための理由を求めるだろうが、敬意を払わなければならない。私はアントワーヌが獲得すると信じている」と締め括った。

関連リンク

  • 11/9 19:19
  • SPORT.es

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます