BS、CSで4K放送を楽しめる ソニーの4Kチューナー

拡大画像を見る

ソニーは、4Kチューナー「DST-SHV1」を2018年11月10日に発売する。

USB HDDを接続すれば裏番組録画が可能に

同社の4Kテレビ「4Kブラビア」と接続すれば、12月から放送が開始されるBS4K/CS4K放送を4K高画質で楽しめる。リビング空間に溶け込む素材や質感、色味など、ブラビアやインテリアと調和するというデザインを採用する。

HDMIケーブルでつなぐことによりブラビアのリモコンで操作が可能なほか、電源オフと連動する「ブラビアリンク」に対応する。

BS4K/CS4Kチューナーを各2基内蔵し、別売のUSBハードディスクを接続することで、番組の視聴中に裏番組の録画が可能。

4K/60p、HDCP2.2入力対応のHDMI端子を搭載したブラビアでは4K高画質で楽しめる。15年以降に発売のブラビアは4K HDRのHLG(ハイブリッドログガンマ)方式で視聴可能だ。

マルチブランドテレビ操作対応のリモコン、単4形乾電池×2、HDMIケーブルが付属する。

市場想定価格は5万5000円前後(税別)。<J-CASTトレンド>

  • 11/9 13:10
  • J-CAST

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます