彼氏を友達に紹介するとき、絶対に着てきてほしくない服9パターン

彼女の友達に初めて会うとき、あなたはどんな服を選びますか?女性にとっては、普段は許せても、友達の前ではNGというファッションがいくつか存在するようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者に聞いたアンケート調査を参考に、「彼氏を友達に紹介するとき、絶対に着てきてほしくない服」を紹介します。

【1】まるで部屋着みたいな「スウェット、ジャージ」
「少しは気合を入れてほしいです」(30代女性)というように、部屋着にもなるスウェットやジャージでは、「さすがに人に会うときの服装じゃないでしょ」と彼女を呆れさせてしまうようです。深い仲になるとつい気が緩んでしまうものですが、初めて会う彼女の友人の前では、あまりにユルすぎる格好は避けたほうがいいでしょう。

【2】オタク感丸出しで引かれないか心配な「キャラクターTシャツ」
「私個人的には許容範囲だけど、女の子全員が認めてくれるわけではない」(20代女性)というように、人によって評価が分かれる「オタク系のTシャツ」は、初対面の女性に会うときのチョイスとしてはリスキーかもしれません。服装で自己主張するよりも、まずはシンプルな無地Tシャツなどを着ていったほうが無難でしょう。

【3】いかつく見える「だぼだぼB系パンツ」
「顔立ちもちょっといかつい彼氏なので、友達を怖がらせてしまいそう」(20代女性)というように、ぱっと見、不良っぽく思える大きめなサイズのパンツは、女性に対して威圧感を与えてしまうことがあるようです。彼女の友人を委縮させても何もいいことはないので、やんちゃな印象に映りかねない服装はご法度でしょう。

【4】清潔感があまり感じられない「ヨレヨレのシャツ」
「貧乏臭くて覇気がない人に見えてしまう」(30代女性)など、少しでも自分の彼氏を良く見せたい女性にとって、平気でヨレヨレのシャツを着ていってしまうことは信じがたい行為のようです。ビシッとアイロンをかけるのが面倒であれば、新しいシャツを用意しましょう。

【5】夜のニオイがプンプンする「胸元はだけ過ぎホスト系シャツ」
「友達にチャラ男だと思われたくないです!」(20代女性)など、過剰に胸元が開いているシャツは、「軽い男」の印象を与えてしまうのでNGのようです。アクセサリーの重ねづけや先がとがった靴なども、「女性関係が派手なのでは?」と疑われるので、避けたほうがよさそうです。

【6】無駄に気合が入り過ぎな「休日なのにスーツ」
「構え過ぎているのもちょっと引く」(30代女性)というように、休日なのにスーツを着て行くと、気合が入り過ぎていて彼女を興ざめさせてしまうおそれがあります。私服に自信がなくても、背伸びをせずに、シンプルな格好で会いに行ったほうが好感を持たれるかもしれません。

【7】露出度が高過ぎる「タンクトップに短パン」
「筋肉を見せつけたいの?ナルシストっぽくて恥ずかしい」(20代女性)など、自慢のボディを強調するようなファッションも、彼女の友達を紹介してもらうシーンでは不適切なようです。スタイルの良さを見せつけたいのであれば、肌の露出を避けたうえで、着衣の丈やラインにこだわったほうがまだマシでしょう。

【8】女性は足元もチェックしがちなので…「汚れ過ぎた靴」
「靴が汚いと全体的にだらしなく見える」(30代女性)というように、いくらおしゃれをしていても、足元ひとつで台無しになってしまう場合もあります。彼女のメンツを保つためにも、洋服だけでなく細かい部分にも気を使いたいところです。

【9】女性より脚が細く見えてしまう「スキニーパンツ」
「自分より足が細く見えるとイラッとする」(20代女性)など、自分より彼氏の脚が細く見えてしまうことを気にする女性も多いようです。知らず知らずのうちに彼女を傷つけてしまうことにもなるので、体の線が出てしまうようなぴっちりした服装は避けたほうがいいかもしれません。

彼女に「友達に紹介したくない」と思われてしまう服装には、ほかにどんなものがあるのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしています。(磯田大介/Office Ti+)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/9 13:00
  • スゴレン

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます