ミランに激震…主力MFが4ヶ月の長期離脱。冬の移籍市場で代役獲得が必要に

拡大画像を見る

 ミランが8日、チームに所属する32歳のアルゼンチン代表MFルーカス・ビグリアが負傷により約4ヶ月離脱すると発表した。

 クラブの発表によると、ビグリアは現地時間10月31日に行われた午前中のトレーニングで負傷。手術を実施し成功したが、完全復帰まで4ヶ月要するという。今季公式戦11試合でプレーし、ほとんどの試合でフル出場を果たしていた主力選手だけに、ミランにとって大きな痛手となりそうだ。

 約4ヶ月離脱するとなれば、冬の移籍市場で中盤の補強に動くかもしれない。

関連リンク

  • 11/9 13:00
  • フットボールチャンネル

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます