【実話怪談】かぐわしい香りと共に現れた謎の美女 ― 川奈まり子の情ノ奇譚『秋の香り』

拡大画像を見る

 ソウル五輪が終わってしばらくした頃だというから、今から約30年前、1988年10月の出来事だ。

 東北地方出身の鈴木敦彦さんは、当時、横浜国大に進学した弟の寮によく泊まらせてもらっていた。

 鈴木さん自身は高校を卒業してから上京して、都内の会社に勤務していたが、どうかすると週の半分くらい弟の部屋に転がり込んでいた。弟とはもともとたいへん仲が良かった。それにまた鈴木さんもまだ22歳だったから、寮にいれば大学生に見えないこともなく、誰からも怪しまれなかったのだ。

【その他の画像はコチラ→https://tocana.jp/2018/11/post_18566_entry.html】

 弟の寮というのは、《蒼翠寮》という横浜国大の学生自治寮だった。今の国大附属鎌倉中学校の辺りにあり、元は神奈川県師範学校の寄宿舎だった建物だという話だが、廃屋と見紛うほど古くて朽ちかけていた。しかし大学生の完全自治によって運営されていたせいか、寮の中には自由で破天荒な空気が吹いていて、若くしてサラリーマン生活に入った鈴木さんには、それが面白かった。

 弟の部屋は12畳の土間(当時ですら土間があることは全く普通ではなかった)と12畳の畳の部屋からなる1室で、本来は先輩と2人でシェアすることになっていた。ところが先輩が恋人の家に泊まりっぱなしで寮に帰ってこなくなったので、偽学生の鈴木さんが居候しやすい状況だった。

 鈴木さんは炊事が苦にならないたちで、泊まらせてもらう代わりに、と、弟やその仲間たちに食事を作ってあげることも多かった。米を炊いて簡単なおかずをこしらえるだけだが、とても感謝され、美味いと言って食べてもらえる。それだけのことが、鈴木さんには非常に励みになり、また食事を作ってやろうと思うので……入り浸りのループがますますしっかりと出来上がってゆくばかりになった。

 さて、ソウル五輪が終わり、何やら気が抜けたような日常が再開されて間もないある日、鈴木さんが夕方、寮の炊事場でこれから炊く米をといでいたところ、腰の辺りを指先で軽く突かれた。

 反射的に振り返ると、鼻先を馥郁とした高貴な香りに包まれた。

 ぬくもりを感じさせる甘さの奥にお香のような凛とした渋みがあり、そのくせ、どこか子どもの頃に夏になると母にパフではたかれたシッカロールに似たところもあって、郷愁を感じさせる。なんともいえず佳い香り。

 この匂いのせいで、怖がるタイミングを逸してしまったようだった。

 指で突かれたと感じたのに誰もいない。これは奇妙だ。誰かの残り香……と、当然、考えた。でも、視線をどちらへ走らせても、どう目を凝らしても、周囲には人の気配すらなかった。

 やがて鈴木さんはあきらめて炊飯の準備を再開した。

 すると間もなく、先刻の芳香が背後からふんわりと彼を押し包んだ。そして今度は左肩を手で軽く叩かれた。

 振り返ると、斜め後ろに小柄な女性がいた。

 頭の上に小さな白い正方形の布を載せて、葡萄みたいな暗い紫色の袴を穿いている。腰から上は黄色い振袖を着て、艶のある黒髪を結わずに肩に垂らしていた。

 そんないでたちで何をしているかというと、両手をだらんと体の左右に下げて、貧乏ゆすりしている――全身を小刻みに震わせているのだが、寒くて震えている感じではなく、規則正しい上下動の具合が、まるで貧乏ゆすりのようなのだ。

 異様であることは間違いなかったが、色白で小柄で、鼻筋が通った美人で、なんと言っても香りが素晴らしかった。

 ――こんなに人をうっとりさせる匂いは初めてだ!

 鈴木さんは、全身の力が液体になって足から流れ出てしまうような心地がした。脱力して寝転がってしまいたいような気分で、思わず、

「いいにおーい!」

 と、口走った。

 その途端に女は貧乏ゆすりをピタリと止めたかと思うと、煙のように掻き消えた。

 しばらく辺りの空中に彼女の香りが残っていた。

 鈴木さんは鼻孔をひくつかせながら、炊飯の支度をあえてゆっくりと整えた。惜しみながら炊事場を立ち去るときに、入れ違いに女子大生が2人やってきて、「あれ? 洗剤の匂いがする? それともシャンプー?」と話しているのが聞こえ、自分だけの幻覚ではなかったのだとわかって嬉しくなった。

 それから弟の部屋に廊下を歩いていったのだが、途中、ふと、両手で捧げ持った炊飯器の釜の中で黄色い何かが動いたのを感知して、見れば米が浸かっている水に一枚の銀杏の葉が浮かんでいた。

 部屋に帰って事の顛末を弟に話すと、「銀杏の女じゃない?」と言われた。

 子どもじみた想像だとお互いわかっていたが、銀杏の妖精に違いないと兄弟そろって興奮気味にうなずきあった。

 妖精と言うなら、たしかに女の振袖も黄色かった。水から摘まみだした銀杏の葉を嗅いでみたけれど、微かにギンナンの匂いがしただけだった。

 あのとき炊事場の窓が閉まっていたことを思い出し、また、銀杏が黄葉するには時期が早すぎると考えて、自分は何か超自然的な体験をしたのだと自覚した。しかし、鈴木さんは一向に怖いような気がしなかったという。

(川奈まり子)

  • 11/9 7:00
  • TOCANA

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます