「大麻のミクロ写真」が美しすぎてトリップするレベル! 大学教授が全力撮影、“本当の大麻”理解のための動き加速

拡大画像を見る

まるで新種生物のような、不思議で不気味な画像の数々だが正体はいったいなんだろうか? 実はマリファナ、大麻なのである――。

【その他の画像はコチラ→https://tocana.jp/2018/11/post_18640_entry.html】

■大麻の超ミクロ写真がまるでアート

 撮影を行ったのは大麻研究の第一人者である、米ロチェスター工科大学のキンスマン博士。

 科学にあまりなじみのない一般の人々向けに、視覚的に刺激し興味を持ってもらう意図で今回の撮影を思いついたという。これらの画像までたどり着くには大変な労力と手間暇がかかっているということだ。

 まず水蒸気が写り込まないよう、大麻草(カンナビス)のサンプルを数時間かけて完全に乾燥させてから金でコーティングし、電子ビームを全体に照射。走査型電子顕微鏡(SEM)を使用して、サンプルから放射される二次電子をコンピュータに記録、データを収集してイメージを形成、真空状態の中で1回に4分かかる特殊なコンピュータ・スキャナーで撮影したという。

 大麻をいぶした時に人々をハイにさせる成分をTHC(テトラヒドロカンナビノール)と呼ぶ。脳の中枢神経系に作用して生物の精神活動に影響を与えるTHCが包まれている球状の嚢 (のう)を画像では正確に見てとることができる。より判別しやすくするために、嚢に明るい色をつけているという。

 嚢の大きさは約2~3ミクロン(1ミクロン=1/1000ミリ)というから、想像を絶するミクロの世界である。

 また嚢だけではなく、茎には昆虫などの外敵から自らの植物体を守るための棘のような毛状突起の詳細まではっきり見ることが可能だ。3日かけて種がどう育っていくかの様子も把握でき、資料としても優れたものであるといえよう。

■合法化の流れは加速するのか

 現在、大麻はアメリカの半分以上の州で医療用に認められており、カナダでも嗜好品として合法化され世界的に注目されたことは記憶に新しい。

 医療用としては鬱や不眠などに用いられるほか、自閉症や皮膚疾患の湿疹、乾癬といった症状で悩む患者にも有効かどうか研究中であるという。また一説では、THCが含まれる大麻油はがんと闘う特性を持っている、との専門家の声もある。

 イギリスではこれまで違法であったが、同国内で末期の大腸がんと胃がんを患っていた52歳の女性は大麻油の摂取で健康を取り戻したと主張する。

 だが科学的な研究では、大麻油が不安やストレスを軽減させる可能性は否定しないものの、長期間にわたる濫用はマイナスの記憶をリセットする脳の能力に影響を及ぼし、鬱を悪化させる懸念があるとの結果も出ているようだ。

 メンタル面で問題を抱えていたり、精神病や統合失調症の人々を増加させる原因になる可能性が指摘されているため、やはり使用には注意が必要であろう。

 イギリス政府は今秋より医療用大麻を解禁し、医師の処方箋があれば入手可能となる一方で、大麻の扱いについてあくまでも医療用に限定され、嗜好品などの幅広い合法化への一歩ではないことを強調している。

 世界各国で合法化されていく動きのある大麻だが、臨床例のデータはこれからだ。合法化により、どのような影響が出てくるのか注視していきたい。
(文=Maria Rosa.S)

イメージ画像:「Getty Images」より

  • 11/9 7:00
  • TOCANA

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます