アーセナル、EL決勝T進出決定。エジル温存しスポルティング相手にドロー

【アーセナル 0-0 スポルティングCP ELグループステージE組第4節】
 
 現地時間8日にヨーロッパリーグ(EL)グループステージE組第4節が行われ、ホームのアーセナルはスポルティングCPと対戦した。試合は0-0の引き分けに終わった。

 試合開始からボールを支配するアーセナルは17分に右サイドを崩し中央に折り返すとウェルベックがDFと競り合いながらニアサイドで合わすもボールはゴールライン上でクリアされる。幸先よいスタートを切ったアーセナルだったが、30分に相手選手と交錯したウェルベックが負傷退場してしまう。

 その後はスポルティングのプレスの前にチャンスを作れず。58分に迎えたチャンスも途中出場のオーバメヤンがペナルティーエリア内でシュートを打つもボールはサイドネットで得点ならず。さらに81分にはペナルティーエリア内でイヴォビのパスをムヒタリアンがダイレクトで合わすもGKがキャッチ。

 エジルやラカゼットといった主力選手を温存したアーセナルはスポルティング相手に終始攻め続けるも得点を挙げる事が出来ず引き分けに終わった。

【得点者】
なし

関連リンク

  • 11/9 6:59
  • フットボールチャンネル

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます