恵比寿の人気店!行けば必ず驚きと発見があるオシャレ酒場を徹底解剖!

「日本酒はちょっと苦手…」そう思っている人にこそ、今回紹介する『GEM by moto』を訪れて欲しい。

ここを訪れれば必ず、「こんなに美味しいの?」という新しい発見や、「この味と合う!」という嬉しい驚きがある。

今まで抱いていた日本酒のイメージがガラリと変わり、きっと好きになれるはずなのだ。

アンティーク調でまとめた店内

日本酒好きならずとも訪れて欲しい名酒場

オーナーは人気漫画『日本酒に恋して』の主人公としても知られる日本酒のスペシャリスト・千葉麻里絵氏。

日本酒愛から誕生した新宿の人気店『日本酒スタンド 酛』からさらに恵比寿で新しいチャレンジをしたいという彼女がこの店で伝えるのは「日本酒一本一本のきちんとした価値」。

そんな想いから、店名は“宝石”や“宝物”を意味する『GEM』と命名した。

そして供される料理には、すべてそれにぴたりと合い、お互いを引き立て合うような日本酒を選んでくれるのも日本酒ビギナーを虜にする魅力のひとつ。

コク深く、爽やかな味わいの「サンマのカルパッチョ」

柑橘とオリーブオイルがポイントに

この日、最初にオーダーしたのは「サンマのカルパッチョ」。こちらに合わせていただくのがシェリー樽で2年間熟成した「木戸泉 Afruge 2016」。

カルパッチョに使用されている、オリーブオイルや柑橘が日本酒と合わせたときのフックとなり、食事を華やかなにスタートさせてくれる。

通常、サンマには熟成酒を合わせることが多いが、それだと日本酒ビギナーの心は掴めないと考えた千葉氏が考案した最高のペアリングだ。

「ポテトサラダ」には、バーボンの樽に入れ3年熟成させた「仙禽Celestite(セレスタイト)」を合わせて召し上がれ

ポテトサラダと侮るなかれ!感動の美味しさがそこにある

続いては「ポテトサラダ」をオーダー。注文が入ってからジャガイモを丸ごと揚げ、皮ごと粗めにクラッシュした後、温かいままクリームチーズで和え、その上に、生ハム、クルミをのせて完成。

口に運んだ時の「思っていたポテサラと違う!」という驚きの後、同店オリジナルの日本酒「仙禽Celestite(セレスタイト)」を合わせれば、香ばしさと甘みというそれぞれの共通点が引き立て合い、さらなる美味しさを生み出してくれる。

「ブルーチーズハムカツ」と「民宿とおの どぶろく・生酛」

千葉氏の想いがこもったスペシャリテがコチラ

名物「ブルーチーズハムカツ」も忘れてはならない一品。

こちらは千葉氏が、ネガティブなイメージをもたれがちな「どぶろく」の美味しさを知って欲しいと考案した料理。敢えて、馴染みのない料理は選ばず、誰もが味を想像できる「ハムカツ」をセレクトしたのも、入りやすさを考えた千葉氏の工夫だ。

合わせるのは「民宿とおの どぶろく・生酛」。ブルーチーズのもつ香りと甘みを、どぶろくのもつ米本来の甘みがしっかりとキャッチ。

まるで、どぶろくがハムカツのソースになったようにぴたりとハマる味わいに、感動すら覚える。

肉じゃがは、意外性があるスープ仕立て!

「GEMの肉じゃが」にはバランスのいい甘みのする「山形正宗 まろら」などを合わせてみてはいかがだろう

ここ数年で人気となり定番メニューとなったのが「GEMの肉じゃが」だ。「想像する肉じゃがを越えよう」という想いから、ジャガイモのピュレ使用しスープ仕立てに。

中には、しっかりとした味わいの牛肉と温玉が潜んでおり、混ぜることで味わいが変化していくのも楽しい。

ペアリングも最初はジャガイモのピュレだけ、次は混ぜた状態で濃いめの味わいの日本酒をなどと、楽しみ方の幅が広いもの魅力だ。

恵比寿二丁目の交差点のほど近くにひっそりと佇む

普段はワインしか飲まない人が訪れても、同店が提供する料理と酒の楽しみ方に感動し、リピートしてくれることが多いという。

奥にソファのVIPルームもあるが、入り口すぐのスペースのカウンター席で、会話をしながら飲むのが楽しい。

更に奥には酒蔵や酒販店と同じ-5℃の冷蔵庫を設置。四合瓶をメインにするのも、すべては最も美味しい状態で提供するためだ。

黒板に書かれた料理は全て注文してみたくなる品ばかり

『GEM by moto』は、お酒を愛する人が訪れれば、必ずその良さに気がつき虜になってしまうそんな名酒場なのである。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/9 5:02
  • 東京カレンダー

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます