『Re:ゼロから始める異世界生活』、京都丹後鉄道でラッピング列車運行決定

拡大画像を見る

日本海に面する京都府北部地域(福知山市、舞鶴市、綾部市、宮津市、京丹後市、伊根町、与謝野町)を走るWILLER TRAINSが運行する「京都丹後鉄道」の車両の外装・内装を『Re:ゼロから始める異世界生活』の世界に装飾したラッピング列車の運行が決定した。

運行期間は、2018年11月10日(土)~2019年5月末までを予定(※期間は変更になる可能性がある)。運行区間は、京都丹後鉄道の宮津駅~西舞鶴駅および宮津駅~福知山駅となっている。

また、それに伴い、京都丹後鉄道の列車が1日乗り放題となる、記念きっぷが発売される。「『Re:ゼロから始める異世界生活』京都丹後鉄道企画きっぷ」は、2018年11月10日(土)の発売で、価格は大人2,000円(税込)、小児1,100円(税込)。各詳細は京都丹後鉄道HPにて。

(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

関連リンク

  • 11/8 23:10
  • マイナビニュース

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

7
  • トリトン

    11/9 6:55

    何しろパンダカーに乗ってるとか。京都の鉄道知らないけどパンダトレインが走ってるんだ、あきひろくん八ツ橋バカにしてる日本を代表する和菓子なのにそうかたい焼きをカスタードカスタード好きと言っていたから西洋カブレなんだねいけないな京都市民が八ツ橋なんか日本では知らないやつなんかいないのだろうねぐらい言わないとでもパンダトレイン羨ましいな実物見てみたいな

  • 剣飛竜

    11/9 6:12

    パンダには愛着があるようやな。

  • Libra.Astraia

    11/9 5:36

    知る必要ないし、どーでもいい。

記事の無断転載を禁じます