吉岡里帆、父親がNHKプロデューサー報道で「苦労人エピソード」使用不可に……

拡大画像を見る

 今年に入り、ドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系)、『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)の平均視聴率が1桁台、映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』も爆死状態と、主演作が軒並み大コケしている女優・吉岡里帆。さらに、10月31日発売の「週刊新潮」(新潮社)で父親がNHK大河ドラマのプロデューサーであることもスッパ抜かれるなど、逆風が吹きまくっている。

 ネット上では「え?そうなの? 内々では有名でソンタクされてたってこと?」「だから急激に推されてるの?」「番組に起用してほしい人たちが、娘を優遇することで貸しを作ってる可能性は高いよ 」「結局コネなんかい」といった声が噴出。また、吉岡はバラエティ番組などで売れる前の苦労話を語っていたこともあり、「だからウザいくらいに苦労アピールしてたのか!」「父親のことが後々バレた時のための苦労アピールだったのか。ますます嫌いになった」「この人、空気読めないからアピールしすぎるんだろうな」といった辛辣な意見も上がっている。

「ブレーク前の吉岡さんは、ハングリー精神を養うために、地元・京都から東京まで、新幹線ではなく深夜バスを利用していたそうです。ほかにも、上京費用を捻出するためにバイトを4つ掛け持ちしたり、グラビアがイヤで号泣したエピソードなど、苦労話には枚挙に暇がありません。普通に考えたら、親のコネや金を使わずに自力で名を成すなど、自立心があって素晴らしいとは思うのですが。そう思ってくれないのが世間なんでしょうね」(テレビ局勤務)

 父親が芸能界で地位が高い仕事に就いているということで、今までの努力がすべて「お嬢様の気楽な活動」と思われてしまうのは確かに気の毒な気がする。しかし、いずれ父親の職業のことがバレてしまうなら、苦労話は積極的にしないほうが賢明だったのかもしれない。

「吉岡さんは小柄なのにグラマラスで、小動物的な雰囲気が魅力。男性からは絶大な支持を得ていますが、女性からはかなり嫌われているのが実情。最近では、男性が女性の前で『吉岡さんが好き』だと表明するのもはばかられるとか。昔で言うと、ぶりっ子でアンチが増えまくった“裕木奈江”さん状態になっていますよね。裕木さんはドラマ『ポケベルが鳴らなくて』(フジテレビ系)で不倫するOLを演じてから女性にすっかり嫌われてしまい、イメージが回復しないまま仕事が減り、結婚を機にアメリカに移住してしまいました。そうならないことを祈りますが……」(芸能事務所勤務)

 ここまで女性票がないとなると、今後は芸能界も吉岡の起用には慎重にならざるを得ない状況だろう。果たして、吉岡は巻き返しを図ることができるのか? 今後に要注目だ。

  • 11/7 23:30
  • サイゾー

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

1
  • 快盗百面相

    11/9 14:03

    なんだかババアどもが『ブヒィィィィ💢💢💨ブヒィィィィ💢💢💨』って妬んでいるだけだと思います。ニュースで問題となっているジャニブタのようにね(笑)

記事の無断転載を禁じます