松本人志「俺は言い続けるよ」 16歳アイドル自殺に改めて持論を展開

拡大画像を見る

2018年3月に、愛媛県のご当地アイドルとして活動していた当時16歳の少女が遺書を残さずに自殺。

少女の家族は「事務所のパワハラなどがあったのではないか」と事務所を提訴しています。

同年10月14日に放送された情報番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、今回の騒動を特集。

同番組に出演した松本人志さんは、「死んだら負けだ」と強く訴えかけました。

「死んだらかばう風潮が嫌」 16歳アイドル自殺に対する、松本人志の持論に賛否

松本人志「俺はいい続けるよ」

松本さんが『ワイドナショー』で展開した持論がこちらです。

我々こうやって、こういう番組で自殺者が出て、こういうニュースを扱う時に、なかなか亡くなった人を責めづらい…責めれないよね。

でも、そうなんやけども、ついついかばってしまいがちなんやけど、僕はやっぱり「死んだら負けや」ってことをね、もっとみんながいわないと。

「死んだらみんながかばってくれる」っていうこの風潮が僕はすごく嫌なんですよ。

ワイドナショー ーより引用

松本さんの持論に、ネット上では賛否の声が多数上がりました。

しかし、松本さんは「自殺をする子どもを減らしたい」と心から願っているのでしょう。

16日に改めて持論をTwitterに投稿しました。

自殺する子どもを減らすために、『死んだら負け』をいい続けるよ。

再度投稿された松本さんの持論に、さまざまなコメントが寄せられました。

・誰よりも命を大事にしている人の言葉だと思います。私はすごくグッときました。

・松本さんがその言葉をいうことで、救われる人はきっといると思います。

・こういったことがいいにくい風潮ですが、きちんといえる大人はかっこいいと思います。

・「つらかったら逃げていい」「助けを求めていい」ということも付け加えてほしい。

・単純に「勝ち負け」をいっているのではなく、「生きてこそ」という気持ちが込められていると思います。

自ら命を断ちたくなるほど、深刻な問題を抱えている子どもたち。その悩みはそれぞれに違い、何が正解といえるものはないのかもしれません。

それでも「死なないでほしい」と訴えかける松本さんの言葉を聞いて、1人でも多くの子どもが、自殺を思いとどまってくれることを願います。

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 10/17 17:24
  • grape

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

10
  • アイドルは自殺してはいけないですよ、ファンが辛いから、経験者より

  • このケースは、負けじゃないかな、真相は?だが大木萌景ちゃんはかなり悩んでいたよ、愛媛県は親とか世間は厳しいから、アイドルは仮の職業なのでないのかなぁ、高校、大学を出ないといけない風潮があるから、逃げ場のない苦しみだったのでないのかなぁ、アイドルはファンがいるからファンも悲劇を背負って生きるしかない、その事はTVやマスコミの報道で議論されていないから、アイドルファンとして激怒

  • アレックス

    10/18 12:54

    自殺は、苦しんでいる人の周りの人がそこから逃れる手段になっても、苦しんでいる人本人がそこから逃れる方法にはなり得ない。ただ、その事は苦しんでいる人には判らない。まずは救いを求める事だ。みんなに声を掛ければ一人くらいは手を差し伸べてくれる人がいるはず。そこから輪が拡がる事もある。

記事の無断転載を禁じます