大橋未歩アナに“再ブレーク”の兆し! 人気の秘密は「1本25万円」の激安ギャラ!?

拡大画像を見る

 フリーアナウンサーの大橋未歩が、復活の兆しを見せている。今年5月1日からは『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)のMCに起用され、10月からは情報バラエティー番組『東京クラッソNEO』(TOKYO MX)にタレントの関根勤とコンビを組みレギュラー出演。またニッポン放送では10月スタートの新番組『大橋未歩 金曜ブラボー』でパーソナリティーとしてデビュー。自身初のラジオレギュラーで、毎週4時間20分にわたる生放送に挑戦する。

 大橋といえば、2002年にテレビ東京に入社。すぐに頭角を現し、バラエティー番組『やりすぎコージー』やスポーツ番組『スポーツ魂』のレギュラーに抜擢された。プライベートでは、東京ヤクルトスワローズの選手だった城石憲之と07年に結婚したものの、15年に離婚。すぐさまテレビ東京社員の男性と再婚して、話題を呼んだ。その後、17年12月に同局を退社し、今年2月にフリーアナウンサーとなった。

 テレビ局関係者は大橋の魅力について「私生活ではいろいろありましたが、特に男性からの人気が高く、潜在視聴率を持っているため、コストパフォーマンスがいいです。テレビ番組1本当たりのギャラが25万円程度と安いことも、使われる理由ですね」と語る。

 40歳を越えたが、明るい性格と、ユサユサと揺らす巨乳は健在。

「あの美貌と豊満なボディーで人妻フェロモンをまき散らし、色気があります。開けっ広げな性格で、芸人の下ネタトークにもついていけるので、共演者からの評判もいいです。イベントや、キー局以外の番組だと自前の衣装を着ることも多いのですが、薄着でセクシーな格好をするので、番組スタッフや視聴者を悩殺していますよ」(同)

 色気に衰えが見えないだけに、まだまだレギュラー番組の本数を伸ばしていきそうな勢いだ。

  • 10/17 6:00
  • サイゾー

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます