三遊亭円楽「肺がん手術」で『笑点』が大ピンチ!

拡大画像を見る

 国民的演芸番組『笑点』(日本テレビ系)が大ピンチを迎えている。

 9月29日、大喜利メンバーの三遊亭円楽(68)が、初期の肺がんを患っていることを所属事務所の公式サイトを通じて発表したのだ。

「1966年の番組開始から出演を続け、司会者勇退後は永世名誉司会者として、変わらぬ存在感を発揮していた桂歌丸さんが、7月に亡くなった直後だけに、ファンに衝撃が走りました」(芸能記者)

 同日、円楽は番組の収録のない10月4日からの8日間を治療期間とし、その間に手術を行い、13日の収録から仕事に復帰する予定と発表。深刻な病状ではなさそうに見える。だが、

「円楽は、現在の『笑点』の精神的支柱。彼の腹黒キャラと毒舌目当てのファンも多く、不在となると番組の大きな柱を失うこととなりますから、とても代わりがききません。声が生命線である噺家にとって、肺がんは初期とはいえ、軽視できないはずです。円楽は番組への責任感から、早期の復帰を決めたのでしょう。本来なら、もう少し時間をかけて治療に専念すべきであることは間違いありません」(前同)

 では、今後、円楽が予定通りに復帰できない場合、『笑点』はどうなるのか。

「実は、林家木久扇(80)も、これまでに胃がんと咽頭がんの経験があり、現在も健康不安を抱えています。他にも三遊亭小遊三も71歳、三遊亭好楽は72歳と、いずれも高齢になってきている。数年後には、ガラッと番組の様子が変わっている可能性は否定できません」(番組制作会社関係者)

 我々が長年、親しんできた『笑点』の姿が変わってしまうのは寂しい限りだが、現在発売中の『週刊大衆』10月29日号では、日テレ関係者が証言する“番組の骨格が揺るがない”確固たる理由を掲載。引き続き長寿番組『笑点』について報じている。

関連リンク

  • 10/14 11:00
  • 日刊大衆

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます