【ポケモンGO】音声ARを使ってポケモンと触れ合う「Pokémon GO AR庭園」を体験してきた in 六本木・毛利庭園

拡大画像を見る

ポケモンGOを「音」で楽しまないのは損してる──先日そんなコラムを書いたばかりだが、偶然にも音で楽しむイベントが開催されることになった。本日2018年10月12日から21日まで、東京・六本木ヒルズで行われている「INNOVATION TOKYO 2108 − AR PLAY GROUND WITH NIANTIC」がそうだ。

んで、毛利庭園では「Pokémon GO AR庭園」を楽しめるのだが、結論から言おう。鳴き声好きのトレーナーはぜひ行くべし。なにせ自然の中からどこからともなくポケモンの鳴き声が……! 新たな遊び方を体験できるものだったからである。

・音で楽しむポケモン

「Pokémon GO AR庭園」は毛利庭園に隠れているポケモンを見つけるためにイヤホン「ambie」を使い、聴覚でゲームをプレイするのが特徴だ。貸し出されるスマホでウィロー博士から簡単な説明を受け、それから庭園を舞台にポケモン探しの旅が始まる。

プレイするにあたりイヤホン「ambie」を装着するのだが、安全面に心配はいらない。というのも、イヤホンは軽く耳に引っかけるだけでふさぐことはないので、外の音も遮断されることなく聞きとれるのだ。これにより、自然の音とポケモンの鳴き声が同居する世界に飛び込める。

・鳴き声を録音したポケモンと遊べる

では、さっそく体験してみよう。なんでも10匹以上のポケモンが隠れていて、ここだけの話、時間限定で現れるポケモンもいるらしい。

近づけば近づくほど鳴き声が大きくなっていき、スマホに「鳴き声を録音できそうだ」と表示されるとゲットチャンス到来。タイミングよくボタンを押せば、ポケモンの鳴き声を録音することができる。

筆者はナッシー、カビゴン、プテラの鳴き声を確保。3匹分ゲットするとゲームは終了するようなので、じっくり庭園を練り歩いてから捕獲するのもいいかもしれない。そして鳴き声を録音したポケモンと芝生で一緒に遊ぶこともできるサービスもついてくる。筆者はカビゴンと戯れたのだが……とにかくデカい!

テレビ朝日の前にドスンと居座るカビゴン……おぉ、かわいいじゃないか。今回、自分のスマホに入っているポケモンGOと連動はしないが、近い将来こういった機能が各自で楽しめる時代も来るのかもしれない。

・ジムの上に登るアトラクションもあるぞ

また、アトラクションはもう1つ用意されていて、VRで毛利庭園のジムの上に登る体験コーナーもある。外から見たら棒の周りをクルクル回るシュールな光景ではあるが、VRゴーグルを身につけたら別世界へ行くことができる。

登っている最中、さまざまなポケモンが出迎えてくれ、なんと頂上には……! 答えは伏せておくが、ジムの色によって秘密もあるようだ。これまた新しい体験でドキドキする内容になっているので、ジムの頂上を目指してみよう。

なお、「INNOVATION TOKYO 2108 − AR PLAY GROUND WITH NIANTIC」は無料(一部プログラムは有料)で楽しむことができる。平日にもかかわらず初日から大盛況だったので、興味のある方はこの機会を逃さず足を運んでみよう!

参考リンク:六本木ヒルズ
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.

関連リンク

  • 10/12 16:15
  • ロケットニュース24

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます