故・勘三郎さんの七回忌公演で勘九郎&七之助が涙…中村屋ファミリーに密着

拡大画像を見る

11月9日(金)19時57分から金曜プレミアム『密着!中村屋ファミリー 勘九郎七之助に世界が喝采&7歳5歳涙の猛稽古SP』(フジテレビ系)が、2時間にわたって放送される。

同番組は、歌舞伎の名門・中村屋を四代にわたり追い続けているドキュメンタリーの最新作。中村勘三郎さんが亡くなって6年、長男・中村勘九郎と次男・中村七之助の挑戦の様子、孫の“小さな中村屋”勘太郎くんと長三郎くんの涙の特訓を受けながらも成長する姿、舞台の様子をまじえて、中村屋ファミリーの熱き1年を汗と涙と笑いでつづる。

今年、七之助は数々の大役に抜擢。女方として高まり続ける評価に加え、兄・勘九郎が大河ドラマの撮影のため、代わって七之助が中村屋を支える1年となったのだ。5月に渋谷で行われた恒例のコクーン歌舞伎の稽古場に勘九郎の姿はなく、主役と座頭に選ばれた七之助が大きなプレッシャーの中、コクーン歌舞伎と、続く長野県松本市での公演に挑む様子を追った。

6月に行われたスペイン公演、8月に歌舞伎座で行われた納涼歌舞伎を経て、10月には歌舞伎座で勘三郎七回忌追善公演が行われた。松本白鸚、片岡仁左衛門、坂東玉三郎など、豪華俳優陣が勘三郎さんをしのんで舞台へ。勘九郎と七之助は、そんな大物たちと勘三郎さんが演じてきた数々の古典の大役に挑んだ。勘三郎さんの兄貴分だった豪華俳優陣と、まさに“歴史的競演”という大変な華やかさの中、亡くなった勘三郎さんを思い涙あふれる場面も。

そして、11月に行われた浅草での平成中村座。勘九郎の2人の息子、勘太郎くんと長三郎くんも、これまでにない重要な役を与えられ、厳しい稽古に挑んだ。公演初日となる11月1日、勘太郎くんと長三郎くんは果たして無事にやり遂げることができたのだろうか?

チーフプロデューサーの西村朗(フジテレビ情報企画開発センター)は、「フジテレビが勘三郎さんとその家族にカメラを向けて、実に30年になります。その間に中村屋ファミリーに生まれた喜びと悲しみ、様々な出来事を番組は大河のようにつづってきました。このドキュメンタリーは歌舞伎という伝統芸能継承の話にとどまらない、どなたにも共感してもらえる“大きな家族の物語”です。是非、ご家族一緒に見てください」とアピールしている。

関連リンク

  • 10/12 14:00
  • テレビドガッチ

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます