ダコタ・ジョンソン、妊娠騒動の真相に言及 「妊娠しているのは沢山のアイデアよ」

拡大画像を見る

今月4日に29歳の誕生日を迎え、現地時間7日に恋人クリス・マーティンの自宅でパーティーを行っていたダコタ・ジョンソン。パーティーではピンクとブルーの風船が飾られていたが、ブルーの風船だけが飛んでいるところを目撃されたことで、『TMZ』ではダコタが誕生日会でお腹の子の性別を明かしていたと伝えた。そのため、一時的にダコタが妊娠しているとニュースになり、「すわ妊娠か!?」と周囲が色めき立った。

そんなダコタが、現地時間11日に放送のトーク番組『エレンの部屋』にタイトなスカート姿で登場。司会者のエレン・デジェネレスが「妊娠している人にしてはタイトな服ね」とコメントすると、観客は瞬時に静まり返った。これに対しダコタは「ね? みんなも何の話か分かっていないわ」と切り返した。

エレンが「今日は木曜日で、月曜日にあなたが妊娠しているとニュースになったわ」「だから、どうかなって思って」と尋ねると、ダコタは「私が妊娠しているのはたくさんの素敵なアイデアよ。赤ちゃんじゃないわ」「(あの日は)私の誕生日だったの」「偶然ピンクとブルーの風船があったんだけど、私が妊娠したってことになったわ」「風船が飛ばされることは知らなかったの。アーチになっていたわ。でも、アクシデントだったのかもね。端の風船が飛んでいったの」「でも、たくさんの人が祝福してくれることになったわ」と語った。

ダコタは今回の騒動で多くの注目を浴びたと明かしており、かなり混乱した様子。とはいえダコタは最近、『Tatler』11月号にてクリスとの関係について「そのこと(クリスとの交際について)は話さないわ。でも、私はとても幸せよ」と初めて言及したばかりで、クリスとの交際は順調なようだ。
(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)

関連リンク

  • 10/12 15:00
  • Techinsight japan

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます