【京都国際映画祭】佐野勇斗、やんちゃだった高校時代 家庭科で「ハンバーグ作らなきゃいけないのに…」

拡大画像を見る

 俳優・佐野勇斗(20)、本郷奏多(27)が12日、京都市内を中心に開催中の『京都国際映画祭2018』(14日まで)内で、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹が2007年に書き下ろした初の長編舞台作品を映像化した映画『凜(りん)』(来年2月22日公開)の舞台あいさつに参加した。

 佐野演じる真面目でどこか達観している現代っ子の高校生・野田耕太と、本郷演じる不思議な転校生・天童。2人の暮らす村には「100年に一度、村から子どもが消える」という伝説があった。高校2年の冬、転校生してきた天童は耕太らと友達になり青春の日々を過ごすが、ある日友達が消えてしまう。小さな村には混乱が走り「伝説」の存在がよぎる中、また一人と友達が消えていき、転校生に疑いの目が向けられる。不思議な転校生と村の秘密、そして犯人は誰なのか?

 佐野は「あまり主演とかをやらせていただいたことがないので、どういった立ち振舞いをしたらいいのか、わからなかった。事務所の大先輩である本郷さんの背中を常に現場で学ばせていただいた。本郷さんのおかげでなんとかやりきれたなという思いです」と感謝した。

 学生時代の思い出もトーク。佐野は「中学生までは真面目。学級委員長とか生徒会の書紀とかやっていたんですけど、高校から何かの歯車が狂ってしまった」と苦笑いで告白。「危ないことや、やっちゃいけないことはしてない」としつつも「家庭科の授業でハンバーグ作らなきゃいけないところをモンブラン作ったり」とやんちゃなエピソードを披露した。甘いマスクからは想像もつかない破天荒極まる過去に観客は驚きの表情を浮かべていた。

 ただ、本郷の「栗あったの?」という素朴な疑問に佐野は少し考えた後に「栗なかったっすわ!」と返答。「栗なかったらモンブラン作れなくない?」と重ねられると佐野は「モンブランってクリームがふにゃふにゃじゃないですか。それをモンブランって呼んでました。時期も夏とかで栗は売ってなかった。モンブランっぽいヤツでした」と思い出話を微修正していた。

一方の本郷は「はるか十数年前のことなので何も覚えてない…」とぽつり。「28歳になる。そう思って(劇中の)学ランを見ないでください。最初、自分で見てても笑っちゃいましたね」と自虐を交えて呼びかけた。

 舞台あいさつは池田克彦監督も登壇した。

 同映画祭は、1997年から開催されてきた京都映画祭の伝統と志を引き継ぎ、2014年に誕生し、今年で5回目。「映画もアートもその他もぜんぶ」をテーマに、映画以外にもアート、パフォーマンス、工芸などさまざまな分野を対象に展開する。今年のキャッチコピーは「京都上映中。」。映画部門では、京都を代表する巨匠、中島貞夫監督の20年ぶりの長編最新作『多十郎殉愛記』がワールドプレミア上映される。 (写真=やんちゃだった高校時代のエピソードを語った佐野勇斗 (C)ORICON NewS inc. )

関連リンク

  • 10/12 14:27
  • オリコン

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます