明石家さんま「偉いな~宝塚ファンって」と感心

拡大画像を見る

15日に放送されるMBSテレビ『痛快!明石家電視台』(24:11~25:08、関西ローカル)で、「実際どうなん!? 宝塚ファン52人」と題し、客席に宝塚ファン52人が大集合。ファンだから知る宝塚の魅力を披露する。

番組では、ゲストの元宝塚トップスターの紫吹淳と元娘役トップの実咲凛音とともに知られざる宝塚ファンの実際を聞いていく。宝塚ファンの最前列には、元プロ野球選手で世界の盗塁王の福本豊の姿が。なんと月に6~8回も宝塚を見に行くという筋金入りのファンだという。

スタジオに集まった宝塚ファンの半数以上が年間10回以上宝塚を見に行くというが、年間80回以上通っているというツワモノが。しかもこの人、元テレビ局のアナウンサーで、宝塚が好きすぎて転職までしたという裏話に明石家さんまも。

さらに宝塚ファンの中には、紫吹淳のマネージャーも。もともとは紫吹淳の一ファンだったのに、好きすぎてマネージャーにまで上り詰めてしまったという。ほかにも宝塚にハマって、高級車1台分くらいのきらびやかな男役の衣装を着たファンもいて、スタジオは異様な雰囲気に!?

このほか、真冬の出待ちで12時間をしのぐ仰天方法や、宝塚が好きすぎて宝塚調のセリフで娘に暴言をはいてしまうというとんでもない母娘も。さらに宝塚のせいで婚活に失敗したと主張する女性から、プライベートでタカラジェンヌに会える方法を大発見したという人まで、ファンだからこそ語れる宝塚の魅力が盛りだくさん。「プライベートの時は絶対に声をかけない」など、スターに尽くし、迷惑をかけない宝塚ファンの徹底したエピソードの数々には、さんまも「偉いな~宝塚ファンって」と感心する。

(C)MBS

関連リンク

  • 10/12 13:25
  • マイナビニュース

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます