王貞治が語った二刀流・大谷翔平「僕を超えるホームラン王になる」

拡大画像を見る

 全米を“二刀流フィーバー”に巻き込んだ大谷翔平(24)のメジャー1年目。打者としては打率2割8分5厘、22本塁打。投手としては4勝2敗、防御率3・31という成績で終わった。

 故障で欠場した期間もあったが、大谷の実力を十分に証明したと言えるだろう。「MLB公式サイトが行ったアンケート調査によると、実際の投票権を持つ記者の半分以上が、今年の新人王に大谷を推していました。最有力候補なのは間違いありません」(スポーツ紙記者)

 そんな大谷の大活躍に、誰よりも目を細めている野球人がいる。“世界の王”こと王貞治・福岡ソフトバンク会長(78)だ。

 後半戦、本塁打を量産する大谷を、王会長は番記者に、こう絶賛したそうだ。

〈彼のホームランは、力みがなく、理想的な回転で打っているから美しい。パワーに任せて強振するメジャーの打者にはいないタイプだからね。本当にスゴイ〉

 そもそも王会長は、大谷の高校時代から、そのバッティングセンスを高く評価していた。当時、旧知のベテラン記者に打者・大谷の分析を、こう語っていたという。

〈柔軟性がある体とふところの深さで、どんな球にも対応できるから打率も残せるし、それ以上に何より天性のパワーの持ち主。非凡なスラッガーだよ〉

 しかし、その一方、メジャー球団が投手として大谷をスカウトしていたことや、本人の二刀流挑戦の意志には懐疑的な見方をしていたようだ。

「王さんは投手・大谷を認めなかったわけではありません。むしろ投手としても大絶賛していた。ただ、投手として超一流でも、打者としての才能は、それ以上だと見ていたんです」(スポーツ紙のベテラン記者)

 そして、王会長はこんなことを口にしていたという。

〈大谷が打者に専念したら、僕のホームラン記録を抜けるスラッガーになれる〉

 スラッガーはスラッガーを知る――。大谷は、自らの後継者にもなれる才能の持ち主だと感じていたのだ。

 2013年、大谷は日本ハムに入団。本人の強い意向で、二刀流に挑戦することが決まった。

「当時、王さんは二刀流への挑戦に理解を示していました。ただ、王さんは気配りの人ですから、本心では思うところもあったはず。二刀流では打席数が限られますし、打者・大谷に期待する王さんは、これを惜しんでいたのではないでしょうか」(前同)

 二刀流・大谷のプロ1年目は、登板13試合で3勝0敗、防御率は4.23。打っては打率2割3分8厘、3本塁打と、投打とも目立った成績ではなかった。

 しかし、2年目は2割7分4厘、19本塁打で、長打率は5割5厘。投手としても11勝4敗、防御率2.61、奪三振179個と大ブレイク。投打とも一流選手の仲間入りを果たす。

「16年には、打率3割2分2厘、22本塁打、10勝4敗、防御率1.86という、二刀流のキャリアハイを記録。大谷の挑戦を疑問視していた球界OBたちを、実力で黙らせましたね」(スポーツ紙デスク)

 そして17年オフ、ついに大谷は、ポスティングによるメジャー移籍を表明。争奪戦の末、エンゼルスへの入団が決定する。

「王さんは大谷の夢を応援していた。“メジャーでもホームランを打ってほしい”と語っていましたね」(前出のベテラン記者)

 そして王会長の期待に応えるように、メジャーに渡った大谷は、ホームランアーティストとしての素質を覚醒させた。

 さらに、現在発売中の『週刊大衆』10月29日号では、トミー・ジョン手術を受けた大谷に対し、王貞治会長が抱いた“複雑な思い”も明らかにする。

関連リンク

  • 10/12 6:15
  • 日刊大衆

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

20
  • ベーブルースの動体視力の伝説としては、初めて見た45回転EPレコード盤のラベルだけでなく、78回転SP盤のラベルもスラスラ読んでみせたんだそうで、そのレベルだとボールの縫い目の回転方向で直球なのか変化球なのか(自分自身もピッチャーですし)わかっちゃっててバカスカ打ってた、って事になるそうです。そんな人を空振りさせるには160キロ以上でないと無理、という理論上の充分な状況証拠、になります。

  • トリトン

    10/14 22:30

    と言うより昔は日米野球で日本が勝てる可能性は時差ボケと観光気分の時だと思ってました、勝てば奇跡だと競馬のジャパンカップも外国馬に歯が立たなかった位で勝てば感動してましたましてや日本の選手が外国で活躍なんか王さんでさえ大リーグの広い球場ではあれ程のホームランは出なかっただろうと今はかなりレベルアップしてますねそれを考えると沢村投手は凄かったと思いますね。テニスも女子で優勝してたりして時代ですかね

  • 剣飛竜

    10/14 22:16

    昔の投手がどれだけスピードが出てたかという話は、妄想が広がりとても楽しいですね、小松の時は、日本に150キロ出せるピッチャーはほとんどいませんでした、日米野球でも、観光気分でやってきたメジャーの選手にポカスカ打たれてました、今は各チームにいるし、阪神の中継ぎでも何人かいますからね、日本の投手のレベルは本当に上がったと思いますね

記事の無断転載を禁じます