本当にトンガッた男ってのはサンダルだってトガッてる / マサイ通信:第201回

拡大画像を見る

スパ! やっぱ男ってのはよぅ、いつまでたってもトンガって(尖って)いたいもんだよな。特に戦士なんてのは丸くなったらおしまいよ。そんな男のトンガリ具合をアピるために、かつて日本でも「尖った靴」がブームになったらしいな。

正式名称は「ポインテッドトゥシューズ」っていうの? 詳しくは知らんけど、つま先が尖ってるうえに上向きに反っちゃってる系の革靴だ。わかる、わかるぞ、その気持ち。なぜならマサイの戦士だって、トンガリ系を意識するからだ。

真に尖ったマサイの戦士が好んで履くのは、ポインテッドトゥシューズではなく、シャキーンと角みたいなのがトンガッちゃってるサンダルだ。マサイの言葉では「ンドゥクツキ(Ndukutuki)」という。たぶんキマナでも売ってるぞ。

ちなみに、もっと広い意味での「靴(shoes)」は、マサイの言葉で「ナムカ(Namuka)」という。マー語辞書にも加えておくので、みんなも1語1語おぼえていこうな。そんじゃ、オンジョレ、アララシェ、エダマ シダイ。オレセリ!

Report:ルカ(マサイ族)
超訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

関連リンク

  • 10/11 21:00
  • ロケットニュース24

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます