楠田亜衣奈3rdライブレポ - 終始ハッピーなステージでツアーを締めくくる

拡大画像を見る

●前半戦からキラーチューンを連発する、驚きの構成!

声優・アーティストとして活躍する楠田亜衣奈の3rdライブツアー「楠田亜衣奈3rd LIVE TOUR~アイナンダ!~」ラストを飾る東京公演が9月1日、東京・恵比寿ガーデンホールにて開催された。8月から全国6箇所をめぐってきたツアーの締めくくりとなった本公演は、愛とハッピーに満ちあふれたものとなっていた。昼夜2公演行われたライブのうち、本稿では夜の部の模様をお届けする

○▼ツアーの最終日、アルバムリード曲から好発進!

最新ミニアルバム『アイナンダ!』のリード曲「アイナンダ!」を模したOPSEが流れるなか、バンドメンバーが登場。続けて楠田がステージ中央の、側面に大きなハートマークが並んで貼り付けられたお立ち台に登ると、そのままライブ1曲目に。イントロ中には「せーのっ!」とコールを煽り、キュートなボーカルで愛らしくステージを幕開け。ステップも、サビの細かい部分を含めメリハリを付け、軽快に美しく見せる。

また1サビ明けにはその煽りに返るコールに嬉しそうな表情を見せると、2サビ後にはコール・アンド・レスポンスも挟んで、ポップなナンバーで上々の滑り出しを見せる。そしてイントロで「皆さん、盛り上がっていきますよー!」と煽ってから、さらにアグレッシブな「Infinite Memories」へ。「キミ」のフレーズに合わせてくすサポ(楠田ファンの総称)と視線を合わせたりと、コミュニケーションを取りつつしっかり披露。お立ち台でコールを受ける表情や姿からはうれしさがあふれ、高まり切ってかいきなりのジャンプエンドも見せたが、MCは「やっほー。」からゆるっとスタート。

楠田ならではのテンション感で先ほどとは違う形でくすサポとコミュニケーションを取ると、最後には3rdツアーのファイナルということで「今日の力を、存分に出し切って帰ってください!」と呼びかけた。

そして次の曲はダンス曲。レクチャータイムを経て「帰りたいところは?(楠田)」「家ー!!(くすサポ)」の掛け合いから、「ただいまを歌おう」に繋げる。Aメロからクラップで盛り上げたかと思えば、Bメロではまたもコールが楠田を盛り立てる。楠田のパフォーマンスも変わらず軽快で楽しいもの。加えて落ちサビ前には「ただいまくすサポ!」と声をかけ、そのくすサポからは「おかえりー!」の大歓声が起こっていた。

そしてここから3曲が、ライブ前半のなかでの驚きの流れ。なぜなら自作詞曲「Anniversary」から1stアルバムのリード曲「First Sweet Wave」、3rdアルバムリード曲「カレンダーのコイビト」といった、単体でもライブの核になり得る曲が立て続けに披露され、ライブ前半のクライマックスを作り上げたからだ。

まず「Anniversary」では、"繋いで"のフレーズで小指を掲げて場内と繋がったかと思えば、最前のくすサポのペンライトにタッチをする一幕があったりとコミュニケーションの近さに驚かされた。また、3-Bメロでの「大好き!」のコールを受けて楠田自らも「大好き!」をお返しし会場のボルテージを上げると、「First Sweet Wave」でもその高さを維持。

キー高めのサビ内での最高音などもまっすぐ飛ばしていったりとしっかりとパフォーマンスし切り、シームレスに「カレンダーのコイビト」へ。ここでは楠田は爽快なバンドサウンドに笑顔でぱあっと開けるようなボーカルを乗せ、それを場内へ向けて咲かせていく。そしてこの曲もジャンプエンドでの締めくくりとなったのだが、ここではぴょこんと垂直にひと跳ねしてのフィニッシュに。この一風変わった締めくくり方は、この日の定番の締め方となる。

○▼衣装チェンジを境に、ラブソング多めの構成へ

曲明けのMCでもふたたびゆるめなトークが繰り広げられたのだが、その序盤に交わされた「みんなハッピーですか?(楠田)」「I'm happy!(くすサポ)」の言葉や、MC中のmaimai(Dr.)のお悩み解決を呼び水に、「ハッピーシンキング!」でライブ再開。楠田の脚運びの柔らかさが強く活きるこの曲のパフォーマンスは、サビ前に両手でハートを作る振付なども交えられたキュート寄りのもの。

また、2サビ明けにはMVになぞらえてマジックを披露。そこで増やした花をバンドメンバーのもとに生けながらメンバー紹介を行うという、進行のストレスを減らすどころか見事ささえ感じる構成だった。さらに曲終盤には、楠田自身もブルーのドレスがピンクに早変わり!後奏はピース、そしてみんなで手を振りながら締めくくったのだった。

続く「恋愛対象Countdown」はリズムのはっきりとしたナンバーで、そのリズムに合わせてピッピッとダンスをメリハリ良く見せていく。特にDメロでのかかととつま先を交互に軸にしてキュッキュッと移動していく部分や、大サビ前の小さなジャンプで膝を内側に入れたりといった細部にまでこだわり、かわいげを満載に魅せてくれた。そしてちょっぴり切ないミドルポップ「会いたいよでも言えないの」でも、サビの流れるようなパフォーマンスは実に美しいもの。それでいてそこにエネルギッシュさが失われていないというも、見逃してはならないポイントだ。

そこからもう1曲、今度はよりポップさとキュートさの強いナンバー「Melty Valentine」へ。ここではカウントを細かく取って、とにかく愛らしい要素を曲いっぱいに詰め込んだパフォーマンスを、お立ち台の上から見せていく。その姿からは、彼女の魅せ方の隙がさらになくなったことを印象づけられた。そしてスポットライトに照らされたピアノが奏でるイントロから始まったウェディングソング「プラチナデイズ」では、客席も曲に合わせて純白に染まる。この曲で楠田は、ダンスパフォーマンスよりも歌声の表現を優先。微笑みながら客席をじっくり見回して、多幸感にあふれるボーカルをしっとりと場内に響かせていった。

ここまで5曲連続で披露した楠田は、そのなかで早替えした衣装についてのトークを展開。青は「ハッピーシンキング!」、ピンクは「アイナンダ!」をイメージしたもので、後半に恋愛ソングを集めたのもその衣装のイメージあってのものと説明する。ただそのなかに、「ピンクの衣装のときは『アイナンダ!』を歌ってない」という裏話も、こっそり挟み込んでいた。

●マイペースのなかに、エモーショナルさが垣間見えたライブ終盤
○▼これが日替わり曲!?キラーチューンの降臨に沸き返る場内

そして再びゆるっとツアーを振り返ったところで、「こんなラブリーでジーニアスな楠田亜衣奈ですけど、これからもよろしくお願いします」と一声かけたところで、「ラブリージーニアス」とタイトルコール。この日の「日替わり曲」にあたるこの曲でくすサポからは喜びの声が上がるが、練習パートなしに間奏の振付もコールもバッチリなのは、さすがと言ったところか。そしてBメロで楠田は、ommy(Gt.)の花を振って舞ったかと思えば、終盤では客席へとトス。振り返ればこの日は、これ以降彼女の突発的なエモーショナルさが顔を出す瞬間が多かったように思う。

こうしてラブリーでジーニアスな皇帝がこの曲を場内の誰よりもエンジョイしてみせると、続くミドルナンバー「you & ai」では、ときとしてリズムに合わせて跳ねながら、ここでもテンポに合わせて愛らしい歌声を響かせていく。2サビ明けの長めの間奏では、そのリズムに合わせて体を揺らしながら、笑顔で客席のあらゆる場所と視線を合わせていた。

そしてイントロ中に「最後の曲です、一緒に歌ってください!」と言葉をかけてから、「Smileプラス」へ。曲の頭から会場全体の合唱がホールに響き、手振りも含めて一緒にこの曲を作り上げていく。楠田も2サビ明けにはペンライトの光と一緒に体をゆらゆらさせて、楽しそうに一体感を味わうかのような素振りを見せると、ラストは客席にマイクを向けてみせる。くすサポもそれに応じてシンガロングを大きく響かせて、本編は終了。その後奏中に、楠田はステージを降りた。

続けてバンドメンバーもステージをあとにすると、すかさず客席からはアンコールを求める「くーっすん!」の声。それがしばし響いたところで、楠田がステージに帰ってくる。「アンコールありがとう! まだまだ盛り上がっていくぞー!」と意気を上げたところで、アンコール1曲目としてタオル曲「オーマイダーリン」を歌唱。

このボルテージ爆上げ曲で、2コーラス目に入ってからは客席にクラップも起こり、その音色が揃うことでそこに再び一体感も生じる。また落ちサビ前には、楠田が回していたタオルを客席へと投げ込みさらなる燃料投下。ラストまで爆走していった。ちなみにこのタオルは、のちのMCで明かされたのだが衝動的に投げ入れてしまったもの。楠田自身もその上がりまくったテンションに引っ張られていたことがよくわかる。
○▼ツアーの締めくくりは、やっぱりハッピーな空気のなかで!

さて、ツアーの時間も残りわずか。このツアーを振り返っての体感として、そのなかでの「ホールとライブハウスじゃ全然違う」といった体感を語っていた。その後は脱線もしつつ変わらぬテンションでトークを続け、「特に感動的なラストではないかもしれないですけど……(笑)」ともこぼしたが、「カレンダーのコイビト」で涙するくすサポを観た際にもらい泣きしそうになったとも語り、自ら「いい曲だわぁ」としみじみまとめていた。

そして「ツアーを通してたくさんのくすサポの愛を回収できたので、その愛を何かに生かします!」と宣言。10月に控えるアコースティックライブも含めた、今後の活動にさらに期待をくれたところで、ラスト2曲へ。まずはスポットライトに照らされながらのアカペラから始まったミドルバラード「やさしいヒカリ」。タイトル通り柔らかな表情で場内を見回しながら、飾らずまっすぐに歌っていく楠田。くすサポも、ここではペンライトを振らずにじっとその歌声を受け止めていた。

そして一転、バンドの先導で場内がクラップに包まれるなかスタートしたのが、ラストナンバー「アイ・アム」だ。この曲では歌声への表情もよりはっきりとつけつつ、2-Aメロの「だらだらと過ごして――」のくだりではぐだっと横になったりと、視覚・聴覚の両面を持ちて"ハッピー"の感情でライブを締めくくりにかかる。その感情に場内が包まれたところで、本編ラスト同様ここでも最後は全体でシンガロング。楠田も客席へマイクを向け、くすサポの合唱オンリーの歌声を聴く一幕もはさみつつ、最後はこの日幾度となく見せてきたぴょこっとしたジャンプエンドでフィニッシュ。

一礼ののち、バンドメンバーとともに「ラブリージーニアス」で投げきれなかったサインボールを一斉に投げ込む。バンドメンバーが降壇したあともひとりお立ち台から楠田がボールをプレゼントし続け、最後はいつものように「さんくっすん!」のポーズを決めて、きれいにツアーの幕を下ろしたのだった。

ツアーファイナルだからといって変に肩肘張ることなく、非常に自然体のままステージをやりきった楠田。だからこそ「次」を予感させ、期待が持てる部分があったようにも思う。そのなかでも特に印象深かったのが、くすサポとの距離の近さ。しかもそれがすごくナチュラルであったところに、関係性の強さ・太さを感じることができた。だからこそ実現したであろう、自然体のステージ。これからもこの日のように、マイペースでありながらも期待に応え続けるといった形で、楠田亜衣奈の活動は続いていくはずだ。

○●楠田亜衣奈3rd LIVE TOUR~アイナンダ!~

2018.09.01@恵比寿ガーデンホール
【SET LIST】
M1.アイナンダ!
M2.Infinite Memories
M3.ただいまを歌おう
M4.Anniversary
M5.First Sweet Wave
M6.カレンダーのコイビト
M7.ハッピーシンキング!
M8.恋愛対象Countdown
M9.会いたいよでも言えないの
M10.Melty Valentine
M11.プラチナデイズ
M12.ラブリージーニアス(日替わり曲)
M13.you & ai
M14.Smileプラス
EN1.オーマイダーリン
EN2.やさしいヒカリ
EN3.アイ・アム

○●楠田亜衣奈 さんくっすんBIRTHDAY 2019 開催決定

・名古屋公演
日程:2019年1月26日
会場:ダイアモンドホール
時間:昼の部 14:30開場/15:00開演
   夜の部 18:00開場/18:30開演
チケット:7,500円(全席指定・別途ドリンク代)
・東京公演
日程:2019年2月2日
会場:ヒューリックホール東京
時間:昼の部 13:45開場/14:30開演
   夜の部 17:15開場/18:00開演
チケット:7,500円(全席指定・別途ドリンク代)
▼くすくすくっすん会員先行販売
受付期間:10月10日 12:00~10月21日 23:59
当落発表:10月24日
詳細はコチラ
●4thミニアルバム『アイナンダ!』発売中
(須永兼次)

関連リンク

  • 10/11 19:00
  • マイナビニュース

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます