高畑充希、広瀬すず…出演CMにクレーム殺到の芸能人4人「ほんと不愉快」「ダサい!」

拡大画像を見る

 企業にとっては大事な広告戦略となるコマーシャル。上手く視聴者に響けば売り上げにつながるが、一歩間違えれば「ウザい」「もう見たくない」とマイナスイメージを与えることも。

 女優・高畑充希(26)のパフォーマンスで話題を呼んだのが、6月から放送されていたNTTドコモのCM「紅の空に」篇だ。X JAPANのヒット曲「紅」を熱唱する高畑がフィーチャーされた内容で、圧倒的な歌唱力が評価されている。ところが放送回数が多かったこともあり、「やたら耳に入ってきてイヤ」「正直、耳をつんざくようなボリュームで耐えられない」「なんで『紅』を熱唱してるのか意味不明」といったクレームが噴出していた。

 マイナスイメージが影響したのかは定かではないが、NTTドコモは9月からキャストを一新。星野源(37)を中心とした新シリーズを展開している。今回は高畑のように、“批判殺到”のCMに出演した芸能人たちをご紹介しよう。


●広瀬すず

 女優の広瀬すず(20)は、不動産会社「レオパレス21」が展開するCM「恋するレオパレス」に出演。痛烈な批判を浴びてしまったのは、勝地涼(32)・新川五朗(21)と共演している「花火大会/セキュリティ」篇だった。

「花火大会」篇は夏祭りでデート予定だったすず(広瀬)とがっちゃん先輩(新谷)の前に、すずの先輩・勝地が入り込んでしまう内容。ラストではがっちゃん先輩が勝地の前に立ちはだかり、「俺が守るから。レオパレスのセキュリティみたいにしっかりと」とすずに目線を送っていた。ところがネット上では、「がっちゃん先輩くそダセぇ!」「え、なに今のキメ顔。気持ち悪い」と批判が殺到。また「がっちゃん先輩、髪型変わってキモくなった」「先輩、悪い方にイメチェンしちゃった」とビジュアルそのものにもケチがついている。


●菅田将暉

 若手俳優として絶大な人気を誇っている菅田将暉(25)。トヨタ自動車の「カローラスポーツ『気持ちいい日』」篇では女優・中条あやみ(21)と共演しており、2人の歌声も聞くことができる。しかしラストのちょっとした演出が、大きなブーイングを浴びてしまうことに。

 CMは山の稜線をなぞる道を2人でドライブしながら、THE BOOMの「風になりたい」を口ずさむという内容。美しい風景とともに雰囲気もバッチリだったが、最後に菅田が“風になりたい”の“い”を盛大にハズすというオチがついた。これは意図した演出されたものらしいが、これをめぐり、ネット上では「音程をわざと外す意味が分からない」「名曲なのに馬鹿にしてない? すごく不快」「黒板ひっかくときの音と同じくらい不愉快。すぐに放送やめてほしい」と散々な評価となっている。


●吉谷彩子

 女優の吉谷彩子(27)が出演しているのは、「ビズリーチ」が運営している転職サイト「キャリトレ」のCM。「見てるだけで恥ずかしくなってくる」と不評を買ったのが、「即戦力採用ならビズリーチ~こころの声篇~」だった。

 同CMでは吉谷が人事担当者を演じ、上司役として俳優・本田博太郎(67)が共演。吉谷の選んだ面接者の経歴に驚く本田と、本田の心の声を別室で代弁する吉谷が交互に描かれている。しかし吉谷の“男性上司”風の演技やエキストラと一緒に「ビズリーチ!」とドヤ顔を決める演出に、「なにもかもコテコテ。いまどきよくこんなCM作ったな」「あのドヤ顔を見ると回し蹴りを入れたくなる」といった声が溢れ返った。また放送回数の多さも不評で、PRのつもりが残念ながら裏目に出てしまったようだ。

(文=ヤーコン大助)


※画像は、「広瀬すず」オフィシャルブログより

  • 10/10 8:00
  • TOCANA

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

31
  • マサト

    10/12 17:46

    昭和.jpさんに激しく同意(笑)

  • おじさんは名前を表示してくれないと最近のCMの若い人は素人か芸能人か区別できません(笑)

  • こだ

    10/12 11:54

    こうやって記事にするところまでがCMなのかな。

記事の無断転載を禁じます