水卜アナの後継者!? 日テレ・尾崎里紗アナ、癒しのポンコツぶりが「かわいい」

拡大画像を見る

 10月2日放送の『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)に、尾崎里紗アナウンサー(25)が出演。あまりにもひどい運動音痴ぶりを披露したが、視聴者から好評だったようだ。

 この日の「ボンビー部活メシ」のコーナーでは、富士大学の女子ハンドボール部に所属する大食い系部活女子を特集。元女子サッカー選手の丸山桂里奈(35)と尾崎アナが、その取材に赴いた。

 丸山といえば、女子サッカーのワールドカップ優勝メンバーというバリバリの元アスリート。一方、入社4年目の尾崎アナは“万年帰宅部”と紹介され、入社以来体重が8キロも増量したことが明かされた。

 ハンドボール部の過酷な練習風景を見学した2人は、実際に練習に参加させてもらうことに。まずはパス練習から行うと、尾崎アナが「ういっ!」という妙なかけ声で投げたボールは、コートの半分にも届かず失速。たった1球投げただけで「肩が外れそう……」と弱音を吐いた。続いて三角パスの練習に挑戦した尾崎アナは、たどたどしい走り方で右往左往。そのうえ、コート上でどっちに行っていいか分からなくなる一幕もあった。

 最後に丸山がやってみたいと言っていたシュート練習にも挑戦。現役選手にお手本を見せてもらうと、遠投したパスを走りながらダイレクトにキャッチし、ジャンプしながら豪快にゴールネットに叩きこんでいた。これを丸山とともに見ていた尾崎アナは、ポカーンとした表情で「何が起きたか分からなかった……」とこぼした。

 最初に挑戦した丸山は、アスリートらしい脚力で難なくパスをキャッチすると、見事にジャンプしながらシュートを投げることに成功。そして尾崎アナは、コミカルな動きで一生懸命ゴールに向かって走ったが、飛んできたパスをキャッチできず、その場で一回転。一瞬ボールを見失うも、なんとかボールを拾ってジャンプシュート……するはずだったが、ジャンプできずに投げたボールは、まっすぐキーパーの手にキャッチされ、それを見ていた女子ハンドボール部の選手たちも大ウケしていた。

 ひどい運動音痴が露呈した尾崎アナだったが、視聴者にはそれが魅力的に見えたようだ。ネットでは「ボンビーガール尾崎アナの鈍臭さがいい!」「尾崎アナの鈍さ、効果音でさらに面白くなってるけど嫌いじゃない」「運動神経悪すぎだけど、そこがかわいい」など、意外にも尾崎アナのポンコツぶりが好評だった。

「どうやら運動は苦手な尾崎アナですが、食べっぷりの良さは先輩の水卜麻美アナ(31)にも匹敵するほどです。そのおかげか、入社後だいぶ体重が増えたそうですが、持ち前の明るいキャラクターに魅了される男性ファンは多いようですね。今年9月にはレギュラー出演していた朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)を卒業しましたが、ガッカリした人も多かったようです」(テレビ誌ライター)――水卜アナの後継者は尾崎アナ!?

関連リンク

  • 10/9 17:00
  • 日刊大衆

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます