『大食い女王決定戦』“対決ルール”に批判続出!「もはや早食い対決」

拡大画像を見る

 9月17日、『大食い女王決定戦2018』(テレビ東京系)が放送されたが、その競技内容についてネット上に不満の声が上がったようだ。

 同番組は、大食い自慢の女性たちが集結し、誰が最も多く食べられるかバトルする内容。今回は、歴代の大食い女王も参戦し、“大食い”ファンの注目を集めていた。

 2回戦までは通常の大食い対決だったが、3回戦の「レタス対決」は、30メートル離れた畑まで走って収穫したレタスを受け取り、会場に戻って食べるという競技内容だった。レタス1玉食べきるごとに畑まで疾走しなくてはならず、2代目大食い女王の菅原初代は54歳という年齢もあってか、走るのがつらそうに見えた。

 続く準決勝は「絶メシマラソン対決」と銘打たれ、群馬県高崎市内にある6店舗が舞台になった。各店舗の料理を完食したら、それぞれがタクシーに乗って次の店舗に移動。これを6店舗繰り返し、上位3位までが決勝に上がれるというルールだった。

 この準決勝が始まると、参加者はすごいスピードで料理を平らげていき、次の店へと向かう。しかし、食べる量には定評があるものの、マイペースで食べるスタイルの参加者には、今回のルールは不利にも思えた。

 結局、決勝に勝ち進んだのは、菅原、アンジェラ佐藤(43)、ロシアン佐藤(33)という過去の大会で実績のあるレジェンドばかり。視聴者が期待していた新鋭の双子姉妹、小野あこ(27)、かこ(27)はそろって敗退した。

 今回の競技内容に、純粋な大食い勝負を期待していたファンからは批判が続出。ネットでは「大食いという趣旨から外れてるような気がする」「もはや大食い対決というより早食い対決」「企画自体が早食いを強制させてるじゃん」「純粋に多く食べたほうが勝ちって企画にしないとダメでしょ」「一体なんの番組なんだよ」「食べた量で勝負してないよね?」など、厳しいツッコミが相次いだ。

「今回、決勝戦で惜しくも敗れた菅原初代は、2017年8月放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演した際に、大食い番組の演出に苦言を呈しています。菅原は、屋外で大食い大会を開催することについて、“大食いだけで我慢するのはいいんですけど、暑さの我慢大会とかやめてほしいです”とコメント。そんな参加者たちは、今回のルールを聞いて、どのように感じたのか気になりますね」(テレビ誌ライター)――“大食い女王”ならぬ、“早食い女王”決定戦だった!?

関連リンク

  • 9/22 2:00
  • 日刊大衆

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

2
  • ミサト

    9/21 23:49

    ちょいと見たけど家事の片手間で真剣に見てないから最初から早食いだとばかり思ってたわ〜それにしちゃ量が多くねぇか?みたいな…

  • 「大食い大会」と銘打った「早食い大会」だよね。量より速さを求められるんだから。

記事の無断転載を禁じます