世界マスターズ陸上挑戦の武井壮らに『いだてん』出演者が応援動画

拡大画像を見る

 日本時間14日午後10時ごろ(現地時間14日午後3時)、スペイン・マラガで開催される『世界マスターズ陸上2018』の会場で、16日の男子400メートルリレー(45歳クラス)に出場予定の、武井壮(45)、朝原宣治(46)らがメンバー4人がそろっての最終練習を終えた。

 練習中には、武井が出演予定の、オリンピックをテーマにした来年のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』に出演する、中村勘九郎、役所広司、生田斗真、近藤公園、満島真之介、峯田和伸からの動画応援メッセージが届き、みんなでそれを見る、というほほえましい姿も見られた。

 武井は2015年、フランス・リヨンでおこなわれた同大会でも、男子400メートルリレー(40歳クラス)で金メダルを獲得。その際の記録42秒70は現在も40歳クラスの日本記録だが、世界記録には届かなかった。

 今回は、年齢のクラスが1階級あがった45歳のクラスにて、北京オリンピックの400メートルリレーメダリスト、朝原宣治氏をメンバーに加えて、改めて世界記録を狙う。現在このクラスの世界記録は1999年に英国のチームが出した43秒42で、19年間更新されていない。

 関西空港の部分運用の状況なども受け、当初の予定より遅い現地13日夜にメンバー全員がそろったが、メンバーそれぞれのコンディションはまずます。住んでいる場所が各自大きく離れていることもあり、メンバー4人が顔をそろえるのは、8月の大阪ガス・今津総合グラウンド陸上競技場での練習以来、2度目になる。

 この日の練習で走順も決まり、1走が武井、2走が前回のリレーも一緒に走った、40歳以上の日本人で初めて100メートル10秒台を出したマスターズ陸上のレジェンド、譜久里武、3走が新潟から参戦の佐藤政志、アンカー4走が朝原。

 なお、試合前日となるあすは、メンバー各自で調整をおこない、日本時間の16日午後10時頃に決勝が行われる予定。 (写真=スペイン・マラガで開催される『世界マスターズ陸上2018』男子400メートルリレー(45歳クラス)に出場予定の(左から)佐藤政志、武井壮、譜久里武、朝原宣治 )

関連リンク

  • 9/15 3:57
  • オリコン

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます