【岩手県】イーハトーブの森!幻想的な宮沢賢治の童話と光の世界♡

拡大画像を見る

岩手県花巻市~宮沢賢治童話村~夜の童話村に、イーハトーブの光と自然が織りなす宮沢賢治の作品の世界が出現。偏向フィルターとステンドグラスが映し出す光と自然が融合した幻想的な宮沢賢治の作品世界。「小川エリア」と「ログハウスエリア」を新設するほか、どんぐりオブジェのエリアもパワーアップ。秋の夜長芸術の秋☆期間限定の、幻想的なライトアップの魅力をご紹介します。


宮沢賢治童話村の森 ライトアップ



この幻想的な世界、無料で見れちゃうんです♡

「宮沢賢治童話村」の施設の開館時間は、通常は午後4時30分までですが、ライトアップ開催日は午後7時まで延長されます。早めに到着して、「賢治の学校」や「賢治の教室」などの童話村内の施設をみて回って、宮沢賢治の世界に浸るのも良いかと思います。


妖精の小径



森のなかには宝石のような、神秘的なオブジェがいくつも配置されています。
森の奥の方まで青い光に囲まれて、幻想的な世界が広がっている妖精の小径。
まるで童話の世界に迷い込んだ様な、そんな感覚を味わえます。 光と共に、森の中では幻想的なBGMが流れていて、かなり癒されます。


山野草園池



池上には宝石オブジェが、一番奥中央には十字架のオブジェがあります。「銀河鉄道の夜」がモチーフなんだとか。光が水面に反射するととっても綺麗で、魅惑的な光に吸い込まれそうな感覚になります。


中央芝生広場



童話「どんぐりと山猫」をモチーフにしたどんぐりのオブジェ。
これが本当に圧巻の輝き♡大きいオブジェのゆらめき。ずっと見ていられました。

このオブジェが本当に感動するほどの綺麗さなんですが、いったいこの光は何なのか?
実は、発光ダイオードやステンドグラスで出来ているそうです。

まるでステンドグラスの中に小さな宇宙があるような、とても幻想的な光を放っています。



制作はインスタレーションアート集団の「ミラーボーラー」さん。
「ROCK IN JAPAN fes」や、「COUNTDOWN JAPAN」などの音楽フェスでもお馴染み。
光るオブジェでより一層fesを盛り上げているんですね!

素敵な音楽と共に、ミラーボール的なキラキラなオブジェを楽しめるなんて、テンション上がって盛り上がること間違いなしですね♪
私もいつか、Fes会場で音楽と共に楽しんでみたいです♪


<スポット情報>
宮沢賢治童話村
住所: 岩手県花巻市高松第26-19
電話: 0198-31-2211


インスタジェニックな宮沢賢治の世界♡



いかがでしたか?

開催期間中オブジェは常設されているので、昼間の太陽の光の中で楽しむ事も出来ます。
昼間の顔と夜の顔、両方の顔を楽しむ事も出来ます。
是非1度訪れて素敵な世界を体感してみて下さい。

関連リンク

  • 9/14 19:00
  • aumo

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます