ママ「変態なの?」子供と一緒に『多目的トイレ』に入って…ゾッとする!

拡大画像を見る

6か月になる子どもを育てるママの宮沢純(@mjun610)さん。

ある日、子どもと外出中に多目的トイレを利用します。

※写真はイメージ

障がいを持つ人や車いすの人が利用しやすいように、スペースが確保されている多目的トイレは、子育てをするママにとっても有難い存在。

おむつを替えるためのベッドや子どもを座らせておくチャイルドシートなどが設置されている場合もあります。

宮沢純さんも、チャイルドシートに子どもを座らせて用を足そうと思いますが、その瞬間『あること』に気付き、愕然とします。

ちなみに、子どもをチャイルドシートに座らせた状態がこちら。

みなさんは宮沢純さんが気付いた『あること』が分かりましたか。

反対側から撮影した写真を見ると?

子どもの近くに?

反対側から撮影した写真を見ると、『あること』に気付きやすいかもしれません。

チャイルドシートに座らせた子どもの手の届くところに、ドアの開閉ボタンがあるのです!

ママが用を足している時に、誤って子どもが『開』のボタンを押してしまったら…考えただけでゾッとしてしまいます。

これらの写真をツイートした宮沢純さん。

すると、多くのコメントが寄せられました。

・実際に、子どもがボタンを押して、ドアが開いてしまったアクシデントを見たことがある…。

・スペース上、仕方ない場合もありますが、水道が近くにあって水遊びをされてしまうこともありますよね。

・この設計はマズいなぁ。好奇心旺盛な子どもはボタンを押しちゃいますよね。

ほかにも「チャイルドシートと便器の距離が遠すぎる」などの問題点も指摘されました。

いろいろな意見やアドバイスを受け、宮沢純さんはこう語ります。

多目的トイレという名の通り、さまざまな人が利用するため、「どこに何を設置すべきか」に完璧な答えを用意するのは簡単ではないでしょう。それでも「子どもがボタンを押してしまわないかが不安」と感じるママの気持ちは理解できます。

さまざまな人が快適に、そして安心して利用できるような改善が行われることを、多くの人が望んでいます。

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 9/14 13:51
  • grape

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

17
  • 焼きりんご

    9/18 12:54

    ヨソからネタをパクるのみっともない。。。

  • 蝙蝠

    9/18 12:21

    トイレとか排泄物とかは重要なのに研究しようとする人が圧倒的に少ないという、まあそうなるだろうなとも思ってしまう状況から考えが行き届いていない部分はものすごく多いですね。

  • lion

    9/15 12:14

    そういうの問題じゃない。

記事の無断転載を禁じます