ミュージックステーションの知られざる極秘情報とうわさ8選! 放送事故寸前の過激なエピソードも発表!

※画像は、『ミュージックステーション』公式サイトより

タモリさんが司会で”Mステ”の愛称でおなじみの音楽番組『ミュージックステーション』(テレビ朝日系・金曜よる8時)。同番組が放送開始されたのは1986年のこと、ジャニーズや小室ファミリー、K-POPなど30年以上に渡って最先端の音楽を生放送でお茶の間に届け続けている伝説の音楽番組なのです。

そんな、ここまで長い歴史を持つミュージックステーション(以降:Mステ)には数々の秘密や裏話、さらには放送事故寸前のエピソードなど盛りだくさん。今回はMステにまつわるトリビアを厳選してお届けします。

Mステの秘密とうわさ8選



①番組開始当初の司会者は関口宏

Mステといえば司会がタモリさんでサブMCを務めるアナウンサーが定期的に交代するというイメージをお持ちの方が多いかと思いますが、実は番組開始当初の司会者はタモリさんではなかったのです。1986年10月の放送開始から1987年3月までという短い期間ですが、関口宏さんが司会を務めていた時期があるのです。



②番組オリジナルボックスティッシュが存在する


Mステに出演すると、番組ノベルティとしてオリジナルのボックスティッシュが配られます。これは1986年の放送開始から続く伝統であり、多くのミュージシャンが紅白出場を目標にするのと同様に、「Mステに出てティッシュをもらう」ということを目標にしている若手ミュージシャンも多いようです。

③石原裕次郎さん最後のテレビ出演はMステ

1987年に亡くなった昭和を代表する俳優・石原裕次郎さんが最後に出演したテレビ番組はMステでした。亡くなる半年前にハワイから衛星中継で出演し、元気に歌唱する姿が放送されていたのですが、それからわずか半年で他界してしまうことに。この放送は石原裕次郎ファンにとっても伝説の回となりました。

④オープニングテーマは1992年から使われている

MステのオープニングテーマはB’zの松本孝弘さんが演奏する『#1090 ~Thousand Dreams~』という楽曲ですが、こちらがオープニングテーマとして使われ始めたのは1992年から。

それまでは番組オリジナルテーマや横関敦さんの楽曲が使われてきましたが、まさか25年以上に渡って同一の曲がオープニングに使われることになるとは誰も思っていなかったことでしょう。



⑤最多出演記録は光GENJI

32年の歴史を持つMステですが、最多出演回数を誇るのは1980年代後半に爆発的人気を誇ったジャニーズのアイドルグループ・光GENJI。8年程度の活動期間でありながら、その出演回数はなんと233回。2位のTOKIOで出演回数は130回程度であり、光GENJIがいかに毎週のように出演していたかがわかる記録となっています。

これはMステが光GENJIをレギュラーという位置づけで起用していたからで、音楽番組が数多くある中で人気を定着させるため、当時人気絶頂だった光GENJIを毎週見られる番組として打ち出していたのです。

⑥t.A.T.uが出演ボイコット

2003年にロシアの女性ボーカルデュオとして人気だったt.A.T.uが番組に出演を果たすものの、オープニングだけ登場して歌唱をボイコットする伝説の事件が発生しました。番組放送中に説得を続けるもt.A.T.uは登場せず、運悪く声を枯らしていたタモリさんが代役を務めるわけにもいかず、当日の出演者で唯一生演奏が可能だったロックバンドのミッシェル・ガン・エレファントが急遽もう1曲演奏することで対応をしました。

⑦浜崎あゆみがスペシャル番組出演をドタキャン

2011年に放送された番組25周年スペシャルでは、出演が予定されていた浜崎あゆみさんが急きょ出演を取りやめて問題視されたことがあります。表向きは「体調不良となり、海外から帰国する飛行機に乗れなかった」となっていますが、番組のトリを浜崎さんではなくAKB48が務めることになったと知り不快感をあらわにしていたことが目撃されていたことから、それがキャンセルの理由になったのではないかと噂されています。

     View this post on Instagram         
20周年を記念して「up PLUS」さんとコラボさせて頂きました どんな展開になるのか…お楽しみにっ ・ Photographed by 下村一喜 ・ ツアーグッズはこのあとOFFICIAL HPで発表! Check it out☞ http://avex.jp/ayu/goods/index.php

ayumi hamasakiさん(@a.you)がシェアした投稿 – 2018年 3月月26日午前2時30分PDT



⑧過去に3回だけゲスト1組の回が放送されている

長い歴史の中で過去にたったの3回のみ、ゲストが1組だけで出演して複数曲を歌うというスタイルでの放送が行われています。

その3組のアーティストとはDREAMS COME TRUE、CHAGE&ASKA(現表記はCHAGE and ASKA)、サザンオールスターズとまさにレジェンド揃い。CHAGE&ASKAは15周年、サザンオールスターズは30周年という節目での企画だったため、今後番組にゆかりのあるアーティストがメモリアルイヤーを迎える際には再度この企画が行われる可能性があるかもしれません。



現在では貴重な音楽番組



かつては「うたばん」「HEY! HEY! HEY!」「POP JAM」など、たくさんの音楽番組が放送されていましたが、今となってはMステは非常に貴重な音楽番組となってしまいました。

73歳となったタモリさんがどのくらい司会を続けられるかはわかりませんが、番組はこれから先もずっと最先端の音楽を届ける番組として続いてほしいですね。

※本記事内のInstagramは、埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/14 7:00
  • トリビアニュース

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

6
  • KDS

    9/17 18:00

    長寿だが、出演歌手がほとんど変わらない。今は、曲の安売りの世の中だから、コロコロ歌も変わり、長く歌われている曲が少ない。そういう点を打ち砕いてくれる番組なら見るが…若い人受けのグループがほとんど。

  • 紅葉

    9/17 17:47

    t.A.T.uはリアルで見ていたが、タモリさんの「歌いたくないんですって」「楽屋にこもって出てきません」「え?帰った(苦笑)」発言に、他のアーティストは唖然。視聴者の私は、最初、何かのジョークかと思いました。

  • チャゲアス回とドリカム回、VHSに録画したんだけど…テープ📼がカビちゃったんだよなぁ…

記事の無断転載を禁じます