【BPO】“深夜アニメに苦情を入れる親”にド正論な意見 「深夜アニメは子どもが間違って見ないように深夜に放送している」

拡大画像を見る

 放送における言論・表現の自由を確保しつつ、視聴者の基本的人権を擁護するため、放送への苦情や放送倫理の問題に対応する第三者の機関・BPO(放送倫理・番組向上機構)が、「2018年8月に視聴者から寄せられた意見」を公式サイト上に公開した。

 8月に視聴者から寄せられた意見で目立つのは「夏恒例の長時間にわたるチャリティー番組」に対する意見。『24時間テレビ』(日本テレビ系)については毎年さまざまな意見・苦情が入っているが、今年は猛暑の中でANZEN漫才・みやぞんが総距離160kmを超えるトライアスロンに挑戦したことに「チャリティー番組でタレントが過酷なトライアスロンに挑戦する企画について、”酷暑・熱中症注意”と毎日報道されている中、このような企画がなぜ強行されるのか理解に苦しむ」「テレビ局の都合で、放送終了間際にゴールするように調整しているのも、毎年見ていて気持ちが悪い」といった苦情が寄せられていた。

 TVアニメに対する苦情については、7月分に引き続き今回もゼロ(ないしはサイト上で公開されていない)。その代わり、今回は深夜放送のTVアニメに苦情を入れる視聴者について“正論すぎる”意見が寄せられている。

「深夜のアニメに苦情が入り過ぎている。深夜アニメは子どもが間違って見ないように深夜に放送しているのであって、それに対して“子どもが見たらどうするのか”という意見を述べるのはおかしい。子どもが深夜アニメの時間帯に起きているのであれば、それは子どもを寝かさない親の責任であって、番組に責任があるのではない」

 BPOではこれまでにも深夜枠放送のアニメ、特にエロ・グロ描写がある作品について「深夜の時間帯ではあったが、誰でもが簡単に視聴できる地上波で放送するような内容ではない」(17年1月)、「最近の子どもは寝る時間が遅いので、偶然このようなシーンを目にしてしまうことも考えられる」(17年2月)、「深夜の時間帯といえども、録画などで子どもたちが見てしまうと悪影響を及ぼすのではないかと心配だ」(17年10月)といった、やや斜め上の意見が寄せられていた。

 今回の意見のような「子どもを寝かせない親の責任」があるのはもちろん、現在は録画だけでなく、ネット配信などでも深夜アニメを視聴できる環境が整っているため、我が子に不適切だと思うアニメを見せたくないのであれば、親として“見せないための環境づくり・教育”をすべきだと思う。

 そもそもすべての深夜アニメが青少年にとって不適切な内容を放送しているわけではなく、青少年にも深夜アニメを見る権利はあると思うが……。これからもBPOに寄せられる深夜アニメ関連の意見には注目していきたい。

  • 9/12 17:10
  • おたぽる

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

22
  • 親の気持ちも少し理解できます。上の世代の親から見たら、アニメ=子供が見るものと意識があるんだと思います。しかし、アニメ文化が発展しさまざまなジャンルが生まれた。エグい作品もそう。そりゃあね、そういうアニメ見たら、『なんで子供が見るアニメなのにあんなエグい作品作るの!?』って上の世代は誤解してしまうし心配するんじゃないですかね。小さい子供なら早く寝かせて生活リズムを守ってやるという配慮が必要ですね。

  • なんでも他人のせいにするキチ○イが増えたな。

  • トリトン

    9/14 21:40

    考えたら子供が夜中にテレビは普通見ない見せたら親が悪いし、録画するなら親の権利で録画をチェックしてさせないようにすれば良いだけ、自分なんか夏休みにジヤンアントロボを弟と見ていたら母親からガキが見るようなものを見るのではないとテレビを消され勉強させられたけどなで親父が戦争と人間の映画を見ていたら中国人の少女を政界のボンボンが皆の見てる前で裸にして恥ずかしめを受けてた銃で殺人してるし子ども用です(笑)

記事の無断転載を禁じます