「天才か!」「賢い」 無断駐輪を一掃した『貼り紙』に書かれた文章とは?

拡大画像を見る

駐輪場じゃないけど店の前だし、まあいいか。

駅に近い店などの前に、自転車を停めてそのまま出かけてしまう無断駐輪は、とても迷惑な存在です。

※写真はイメージ

本来、その店に来る人が使うべきスペースを占領されてしまうだけでなく、場所によっては自転車が倒れ、小さな子どもがケガをしてしまうなどの事故が起こる可能性も…。

駐輪場が整備されている駅もありますが、「数に限りがある」「昔と違って有料」といった理由から、無断駐輪をする人は少なくありません。

店側が無断駐輪されている自転車に警告文を貼ったり、店に「駐輪禁止」という注意書きをしたりといった対策を講じても、なかなか一掃することができないといいます。

「駐輪禁止」ではなく?

いくら貼り紙をしても、無断駐輪がなくならない…こういった時、あなたならどうしますか。「貼り紙そのものが無意味なのかもしれない」と考えてしまう人もいるでしょう。

しかし、そんなことはありません!文言を少し工夫するだけで、無断駐輪を一掃できることもあるといいます。

実際に「無断駐輪がゼロになった」という『貼り紙』をツイートしたのは、株式会社コピーライターの代表を務める長谷川哲士(@aseetsu)さん。

どのような工夫をしたのかというと…。

この前に置いてある自転車、ご自由にお持ちください。

駐輪を禁止するのではなく、「ここに置かれている自転車は必要な人が使っていいよ」という貼り紙にしたのです。

この貼り紙は効果を発揮し、無断駐輪はゼロに!

もちろん、この貼り紙はかなり過激なもので「誰もが真似すべきもの」とはいえません。

しかし、「伝えかた次第で効果に差が出る」という事実を如実に表す好例ともいえます。

誰にとっても重要な言葉の選びかた。「無断駐輪を止めさせたい店主が工夫を凝らした貼り紙」から、学ぶべきことは多いように感じます。

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 8/17 17:27
  • grape

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

6
  • またべ

    8/18 19:08

    一昔前に流行った『ここ、自転車捨て場』より効果ありそう(笑)

  • それが嫌なら無断駐車するな、って事だね。

  • 3年くらい前まで働いてた店も、客じゃない無断駐輪多かった(ー ー;)駅に近かったし、正規の駐輪場は有料だし。何度「タイヤの空気抜くか、チェーンかけといてやろうか」とか考えた事ある。たまに無断駐輪の回収車が来るから、わざと駐輪禁止の道端に持ってったりしたけどね。いやホント、毎日バトルでしたわ(ー ー;)

記事の無断転載を禁じます