テレ朝内でも疑問続出…『報道ステ』、内村光良と不倫&退社の徳永有美起用の裏事情

 テレビ朝日は8日、報道番組『報道ステーション』の新キャスターに徳永有美アナウンサーを起用すると発表した。徳永アナは2004年から05年にかけて同番組のスポーツコーナーを担当しており、約13年ぶりに復帰となる。

 今回、徳永アナ復帰もビッグニュースとなったが、それ以上に現在キャスターを務める小川彩佳アナウンサーが降板することに驚きの声が広まっている。

「まさかの人事に、局員も驚いていますよ。私の周りでは『なんで徳永さんが?』と疑問ばかりです。小川さんと富川さんのコンビはとても評判が良かったですし、何より不倫で局を退社した徳永さんが戻ってくるとは。徳永さん夫である内村光良さんも今はバラエティで大活躍中ですが、徳永さんとは不倫略奪婚。徳永さんの仕事本格復帰で自身の過去を蒸し返されてしまうと思いますし、誰にとってもなんの得もない人事に思えるのですが」(テレ朝局員)

 一方、『報ステ』を去る小川アナといえば、8日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で嵐の櫻井翔との破局が報じられただけでなく、早くも櫻井が女子大生と熱愛中だとスクープされている。タイミング的にも、世間からは番組降板と破局を結び付けられてしまい、小川にとっては厳しい状況に置かれたといえるのかもしれない。

 前出と別のテレ朝局員は、今回の人事についてこう話す。

「小川は報ステのサブキャスターを2011年から務めており、局アナとしてはベテランといってもいい存在です。なので、テレ朝上層部としても『報ステ』に新しい風を吹かせたいという気持ちがあったのだと思います」

 しかし、番組の空気を刷新するという目的であれば、何もあえて過去に不祥事でテレ朝を退社した徳永アナを起用する必要はないのではないか。

「今、夫の内村はテレ朝とは疎遠になっていますが、徳永の『報ステ』就任でテレ朝側が内村との接近を図っているのです。最近、テレ朝のバラエティ番組の打ち切りが続いており、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)や今では貴重なコント番組『LIFE』(NHK)が好調なのは、座長である内村のセンスが良いからですし、昨年の『NHK紅白歌合戦』の司会も評判が良かった。テレ朝としては、そんな内村の力を借りたいという狙いなのでしょう」(同)

 テレ朝は内村を獲得することができるのだろうか。
(文=編集部)

  • 8/15 21:00
  • Business Journal

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます