史上最高額GKケパ、チェルシーでの活躍に自信「ベストを尽くす」

拡大画像を見る

 アスレチック・ビルバオからGK史上最高額でチェルシーに加入したスペイン代表GKケパ・アリサバラガはチェルシーでの活躍に自信を見せているようだ。イギリスメディア「スカイスポーツ」が報じた。

 今夏の移籍市場では、リヴァプールがローマから移籍金6700万ポンド(約95億円)でブラジル代表GKアリソンを獲得し、GKの歴代最高額となった。しかし、ベルギー代表GKティボー・クルトワがチェルシーからレアル・マドリードへ移籍し、その後釜として獲得したケパが契約解除金7100万ポンド(約102億円)ですぐに記録を塗り替えている。

 史上最高額の移籍金に加え、7年間の長期契約とプレッシャーがかかる状況だが、ケパは次のようにコメントし、自信をのぞかせている。

「特別なプレッシャーはない。僕にとってプレッシャーになるのは、自分で自分に課したものだけだ。僕は自分自身にハイレベルを求めているし、それはいつでもどこでも変わらない。ベストを尽くすよ。そしてチームのために、できることはすべてやりたい」

 現在23歳のケパはU-19スペイン代表として、2012年に欧州制覇を果たした。プレミアリーグ初挑戦となる若き逸材は、チェルシーでフィットし活躍を見せることができるのだろうか、注目が集まっている。

関連リンク

  • 8/11 16:11
  • サッカーキング

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます