350ミリリットル缶サイズ コンパクトなモバイルプロジェクター

拡大画像を見る

スマートフォンアクセサリーおよび家電などを扱うアンカー・ジャパン(東京都中央区)は、モバイルプロジェクター「Nebula Capsule Pro」を、2018年8月6日に家電量販店および「Anker公式オンラインストア」などで発売した。

耐久性のあるアルミボディーに360度スピーカー

発表資料によると、米国のクラウドファンディングサイトで約4700人の支援を集めた「Nebula Capsule」の上位モデル。映像の明るさが約1.5倍の150 ANSIルーメンに、またメモリーは2GB、内蔵ストレージは16GBと2倍に強化するなど、さらなる快適な操作性を実現したという。

継ぎ目のないアルミニウム製で耐久性を備えた350ミリリットル缶サイズのコンパクトボディーに、部屋のどの位置からでも高音質のサウンドを楽しめる360度スピーカーを内蔵。またOS「Android 7.1」搭載により「YouTube」「Amazonプライム・ビデオ」「Netflix(ネットフリックス)」などの動画配信サイトからコンテンツを直接投影できるなどの機能を搭載する。

またテレビ東京とコラボレーションし、「WBS(ワールドビジネスサテライト)」や「ガイアの夜明け」などの経済番組を楽しめる「テレビ東京ビジネスオンデマンド」アプリを日本版限定でプレインストール。同オンデマンドサービスに新規入会したユーザーを対象に、最大2か月無料視聴できるキャンペーンなどを用意する。

解像度は854×480画素。約2.5時間の充電で約4時間の動画、約30時間の音楽再生が可能なバッテリーを内蔵。無線LAN、HDMI、Bluetooth 4.0、microUSB、USB OTGの各種接続に対応。充電用アダプター、リモコンが付属する。

価格は4万2800円(税込)。<J-CASTトレンド>

  • 8/11 15:00
  • J-CAST

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます