尼神インター・渚、元AKB48西野未姫の暴言にブチ切れ「こっち来い、殴ったるわ」

拡大画像を見る

 8月7日放送の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)に、尼神インターの渚(33)が出演。元AKB48の西野未姫(19)からブス呼ばわりされ、激怒する場面が見られた。

 この日、番組初登場となる西野未姫は、AKB48卒業後はアルバイトをしながらアイドル活動しているとし、かつては“第2のまゆゆ(渡辺麻友/24)”と呼ばれていたが、バラエティ番組に出ているうちにお笑いキャラになってファンが減ってしまったと自己紹介した。渚はそんな西野を、ガンバレルーヤのよしこ(27)に似ており、“第2のよしこ”だと指摘。西野は「ヤダー!」と絶叫して否定したが、他の出演者からは「似てる!」という声が出ていた。

 そんな西野未姫は“何か気を使わなきゃならない女の友達”というトークテーマで、「私の先輩の話なんですけど」と前置きして、「すっごいかわいいと、すっごいブスっているじゃないですか」と不穏な発言。続けて「すっごいかわいくもないしすっごいブスでもない、ちょうどいいブスっているじゃないですか。すっごいブスっていうと、誠子さんとか」と、渚の相方である誠子(29)を名指しした。

 この突然の発言に誠子は「急に腹殴るやん」と驚き、MCの明石家さんま(63)も「俺らが言うてもいいけど、キミから言われると誠子も傷つくと思うわ」とフォロー。それでも西野未姫は「すごい失礼ですけども」と発言を続け、今度は「ちょうどいいブスっていったら、まぁ、渚さん」と、渚までブス呼ばわりしてしまう。

 さらにさんまから「キミはどの分野に入ってんねん?」と問われると、西野未姫は「私はかわいい寄り」と、臆面もなく即答。渚がすぐに「ブスやないか! (誠子と)エエ勝負してるで」とツッコんでも、「いやいやいや、それはない! 」と完全否定した。さらに「かわいいですもん」とアピールしたため、渚がブチ切れて「こっち来い、殴ったるわ。もっとブスになるから」と一触即発状態になったものの、さんまが「一発だけやで」とボケながら間に入り、なんとかその場を収めていた。

 西野に対してイラついたのは渚だけでなく、放送を見ていた視聴者からも「必死感が痛々しい」「とりあえず噛みつけば良い感があって嫌」などと、辛口の批判がネット上に続出。また「渚さんより普通にブスでしょ。しゃべり方も気持ち悪いわ」や「誠子のブスって言われたときの固まり具合がリアルでかわいそうだった」などと、尼神インターの二人を気遣う声も多かった。

「最近、西野は立て続けにバラエティ番組に出演していますが、炎上狙いのような失礼な発言が多く、ネット上で反感を買っています。今回はさんまを相手に爪痕を残そうと必死だったのでしょうが、尼神インターに対する発言は、逆効果だったかもしれませんね」(芸能誌記者)ーー目指せ、炎上アイドル!?

関連リンク

  • 8/11 6:00
  • 日刊大衆

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

17
  • 南光太郎

    8/13 13:50

    何度も言いますが、テレビ番組での出演者の言動ってのは、ほぼ演出。事前にスタッフと打ち合わせた上でやっているんです。

  • lion

    8/12 14:36

    他人にブスって言う子は嫌い。自分を可愛いって言う子の方が全然いいと思う、誰も傷つけてないから。

  • 南光太郎

    8/12 14:01

    馘じゃないですよ。確かに文春砲がきっかけかも知れないが、自ら卒業を発表して、ちゃんと卒業公演もやってますからね。

記事の無断転載を禁じます