アニメ『ワンピース』最新話に“海賊王”ロジャー再登場 担当声優は津嘉山正種 故・大塚周夫さんの後任

拡大画像を見る

 フジテレビ系で現在放送中のアニメ『ワンピース』(毎週日曜 前9:30)の12日に放送される849話の先行カットが10日、公開された。“海賊王”ゴール・D・ロジャーが再登場し、2015年に亡くなった大塚周夫さんの後任として津嘉山正種が声を担当する。

 849話「夜明け前 侠客団団長ペドロ」は、ルフィがカタクリと戦っているすきにジンベエたちは、サニー号のクー・ド・バーストで窮地を脱しようする。しかし、サニー号はペロスペローの能力によって飴でがっちり固められ、進めない状態になってしまう。ビッグ・マム海賊団のタルト船にも包囲され絶体絶命の窮地を脱するために、ペドロは、ペロスペローに立ち向かう。かつてペドロを護送した日を語るペロスペロー。ペドロも、幼い頃、海賊王・ロジャーの旅に同行したいと願い出たことを思い出す姿が描かれる。

 ペドロとロジャーは、過去に接点があったようで、回想シーンでロジャーがアニメに再登場。公開された場面カットでは、歯をむき出しにして鋭い眼光を見せるロジャーの姿が見られる。ロジャー役は、2015年に亡くなった大塚周夫さんが務めてきたが、後任として津嘉山正種が担当する。 (写真=アニメ『ワンピース』849話の先行カット画像 (C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション )

関連リンク

  • 8/10 21:00
  • オリコン

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます